読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

プリウスのサブウーハーはLAT

こんにちは。

今日は現在作業中のプリウスに付けるサブウーハーLAT(エルエーティー)の紹介です。

LATって、何ですか?と思われるかもしれませんが、ちょっと変わった外見していますが新発想のサブウーハーです。

s-画像 029

一見サブウーハーには見えませんが、れっきとしたサブウーハーです。

メーカーはピアレスやビファをグループに収めているティンファニーです。

簡単に説明すると、構造は1個のスピーカーからシャフトで繋がれた3枚の振動版を両側から駆動します。

s-画像 030

なのでスピーカーは2個。振動版は6枚になります。

なんでこんなカタチなのか?

私が結論付けることは、できませんが世界のトップメーカーなりに次世代スピーカーを開発したのでしょう。

サブウーハーは今まで、大きい振動版・大きなマグネット・それに伴ったBOXが必要でした。

実力のあるメーカーが新開発しても、それを薄くする発想まででした。

なのでこの方式は主流ではないですが、そうとう新発想だと思います。

そしてこのウーハーの特徴・メリットです。

まず奥行きが薄いこと。BOXの奥行きが9cm程度でできます。

それを利用すれば、薄っぺらいBOXや変則的な変形BOXも可能でしょう。

そしてこのLAT500が1個で10インチx2個相当の音圧を発生させる性能があります。

この外見からは想像ができません。

ですが実際に視聴した所、ボーリュームがあってハイスピードでした。

スピードはまるで6インチのスピーカーがいっぱい鳴っている様なテンポで重低音がなります。

まぁ実際には振動版は小さいので当たり前ですが従来のサブウーハーの先入観で聴くと、かなり早いのでビックリします。

今回のプリウスはスピーカーは相当ハイエンドなもので構成されているので、いまからワクワクですね。