読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

デッドニングでチューニング

こんにちは。

今日は先日作業しました、デッドニングの作業です。

s-画像 620

お車はオデッセイで量販店で購入取付したのですが、音をもっと向上させたいということで、ご来店いただきました。

基本的に故障などしていなければ、デッドニングの作業も承ります。

スピーカー・バッフルはアルパイン

s-画像 621

純正の穴が小さいので、本来は鉄板を切ったほうがイイのですが、このまま施工します。

まずデッドニング前に聞いてみると、超ラウドネスな設定でした。

まずイコライザーなど調整機能をフラットにして聞くと、レベルも位相も未調整でした。

なのでネットワークも含めて、処理していきます。

s-画像 622

純正から~

s-画像 625

はい。デッドニング完了。

そして一番重要なネットワークの調整です。

ここは位相など、イコライザーなどでは調整ができないトコロなので、きっちり調整します。

そしてレベル調整。

量販店はだいたいは配線を接続して、音がでたら作業は終わりです。

アルパインは細かな調整のできるネットワークが付いているので、しっかり調整したほうが良い音になります。

スピーカーは音を鳴らすためにバージョンアップをするので、未調整ではどんなに高価なスピーカーも何も意味がありません。

当店ではスピーカー取付に調整という項目はありませんが、基本全て調整してしっかり鳴る状態まで作業します。そのためのデッドニングだったりします。

オーディオを楽しむためにオーディオを検討される方は、確かな技術のあるオーディオショップに行ってみてください。

金額も作業や材料を考えれば、高くないシステムも提案できます。