読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

N-ONEにPP-8EQ取り付け

ホンダ

こんにちは。

今日は先日作業しましたN-oneのつづきです。

今回N-ONEにはフェーズ5.1というプロセッサーを取り付けまして、スピーカーも第一フェーズのスピーカー。そうお客様は最上さんファンなのです。

なので先日、当店からも動作の内容を最上さんからお伺いしたりしていました。

s-画像 400

そして最上さんにも御来店いただいて、いろいろ説明していただきました。

さてシステム的にはフェーズのプロセッサーと4スピーカーで簡潔なのですが、お客様には254mmTもあるのです。

無理に使用する必要もないのですが、お客様がサブウーハーも導入したいとの要望です。

そこで昨日の4ボイスコイルのサブウーハーになりました。

013.jpg

このサブウーハーPP-8WQは20cmサブウーハーで3Ωで4入力なのです。

通常はなんじゃこりゃ?

といったところですが、このウーハーはブラックス・ヘリックスの会社から販売されているマッチというシリーズです。

そのプロセッサー内臓アンプで動くように設定されています。

4入力は内臓ICアンプで最大性能を発揮する仕様で、更に3Ωも内臓のアンプで出力を多く取り出すインピーダンスです。

015_2013112413595820f.jpg

なので一見意味不明なウーハーですが、P01のあまった付属アンプなどで動作できます。

そして254mmTも25Wx4chで2Ω対応。このウーハーにピッタリです。

そして更にBOX付きのウーハーも発売しました。

012.jpg

箱の裏にウーハーが付いて、横の溝はバスレフポート。PP-8EQといいます。

価格は39900円。内臓アンプ出力ていどで鳴らせる貴重なサブウーハーです。

016_2013112414000005b.jpg

そしてぴったしにタイヤハウススペースに納まって、ふたも閉まりました。

これでアンプの8チャンネル全て使ったモガミシステム完成です。

またマッチシリーズも良く見ると、今までにはないユニットが多くあります。

今回は色々勉強になりました。メーカーさんや最上さん、お客様に感謝です。

ありがとうございました。