読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

N-ONEにロードノイズ&防音処理

こんにちは。

今日は先日作業しましたホンダN-ONEの紹介です。

s-IMG_6061.jpg

今回はロードノイズ対策と車内を静かにする作業をいたしました。

最近は軽自動車も高級化が進んできましたが、ロードノイズの性能は価格が高くなってもあまり良くはありません。

やはり軽自動車はサイズが決まっているコトや、エンジンの排気量や車両重量など制限の影響で静かな車は純正状態では限界があります。

なので当店では軽自動車でも静粛性を向上いたします。

今回もお客様のご予算と車両の状態を考慮して内容を検討しました。

まずはフロントフロア遮音デッドニング

s-IMG_6084.jpg

フロアの内装を外して、ロシア製STPのデッドニングシートを施工します。

そして2層目に吸音・遮音の独立発泡シートを施工します。

s-IMG_6085.jpg

次にリアのタイヤ付近のフェンダーに施工します。

s-IMG_6071.jpg

このフェンダーが車内にある車両は当店では優先順位を上げています。

ちなみにこの鉄板は非常に薄いので、外のタイヤ側から手でコンコンと叩いてみるとスグに確認できます。

s-IMG_6075.jpg

まずは薄い鉄板をデッドニングシートで制振&ゴム系材料なので防音にもなります。

s-IMG_6078.jpg

さらに基本の2層目の発泡シートで吸音・遮音して完成。

内装のスペースが少ない部分なので、このぐらいで限界です。

さらにコスト面からラゲッジも施工しました。

s-IMG_6072.jpg

鉄板のみで貧弱です。

s-IMG_6076.jpg

少々重さも考慮してこのぐらい。

s-IMG_6079.jpg

そして2層目。この材料が薄くないとテンパーを含めて内装が収まりません。

さらに軽自動車の一押しのルーフも作業しました。

s-IMG_6065.jpg

車両のサイズに対して多くの面積が施工できるのでオススメになります。

s-IMG_6067.jpg

多くの面積を処理するので、重量も考慮して材料は常に適材適所に施工しています。

今回は軽量な材料を面積多めです。

s-IMG_6068.jpg

そして基本の発泡材は全面施工になります。

さらにスペースの余裕をみてシンサレートで吸音もしました。

s-IMG_6070.jpg

今回はこれで完成。

お客様にも合格をいただきまして、後日追加作業もいたしました。

今回は写真が多くなりましたが、この内容で2日間ほどの作業になります。

デッドニングは車両の形状によって、施工箇所の優先順位を変えているので、ぜひご相談ください。