読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アテンザにロードノイズ対策フロア~ラゲッジ

こんにちは。

今日は先日作業いたしました、マツダ・アテンザワゴンです。

車体の写真は忘れてしまったのですが、作業写真は忘れなかったので紹介いたします。

まずはフロアーです。

s-IMG_6367.jpg

フロアカーペットを全て外します。

アテンザはこの作業が結構大変で骨が折れますが、外してしまえばしっかり作業ができます。

まずはロシア製STPの制震シートを施工します。

s-IMG_6368.jpg

マツダ車のフロアーはパネルは薄いので、デッドニング後の変化が大きく出ます。

最近の軽量された低燃費車は、鉄板は薄くしてシンサレートを大量に使用しています。

たぶん軽量化を優先しているようですが、当店では根本的なトコロからノイズを低減していきます。

そして基本の2層目に独立気泡発泡材をしようして、遮音をしていきます。

s-IMG_6369.jpg

当店ではフロアはリアシート下までです。

s-IMG_6370.jpg

同じく制震処理。

s-IMG_6372.jpg

遮音シート施工です。

そしてワゴンなのでリアラゲッジとリアタイヤハウスです。

s-IMG_6374.jpg

リアタイヤハウスはタイヤ付近から発生するロードノイズを低減させるコトに有効です。

s-IMG_6381.jpg

制震と発泡材の2重構造とします。

そしてリアフェンダーなど空いたスペースで吸音処理として、低反発発泡材などで丁寧に吸音していきます。

デッドニングは1つ1つの箇所では、大きな効果は得られませんが、複数の場所を複数の材料で施工するコトによって効果を発揮します。

s-IMG_6379.jpg

ここはリアタイヤハウスの前方、後席のシートの付近ですね。

ここにも2重の構造を施工します。

そしてラゲッジも施工します。

s-IMG_6373.jpg

なにも無いと、薄い鉄板がとても響きます。

s-IMG_6380.jpg

制震・遮音の2重構造としました。

ラゲッジは下のマフラーがあるので、マフラー音を低減します。

そしてアテンザは更に施工作業したのですが長くなったので、また次回に。