読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

プジョー208にフォーカル取り付け

こんにちは。

今日は先日作業いたしましたプジョー208Gtiの紹介です。

s-IMG_6447_20150430171857c9b.jpg

今回、プジョー208はスピーカーの交換になります。

今回取り付けるスピーカーはコチラ。

s-IMG_6211.jpg

安定した人気のフォーカルPS165Vです。

このスピーカーをシンプルに純正オーディオで鳴らすために作業していて純正スピーカーを外すと

s-IMG_6453.jpg

なんと割り切ったカンジのスピーカーでしょうか?

スピーカーの性能面はまったく考慮せず、純正としてどの車にも取り付けできる寸法とコスト。

突き詰めるとこのようになるのでしょう。

もちろん音質はご想像の通りでございます。

s-IMG_6448.jpg

それでは当店はしっかりとしたスピーカーとしっかりとした取り付けを行います。

まずはバッフルです。

s-IMG_6449.jpg

フィンランド産バーチ材で専用に作成します。

そしてドアをフルデッドニングしまして、しっかり取り付けいたします。

s-IMG_6450.jpg

そしてツイーターはお客様が、良い位置で穴空けOKでありましたので、ピラーに取り付けました。

s-IMG_6451.jpg

そして完成。

そして音はいつもの安定したフォーカルサウンド。

PS165Vはウーハーがしっかりしているので、低音から中帯域までしっかりと鳴ります。

お客様も純正からのグレードアップを確認できたようです。

今回の純正スピーカーはプジョーシトロエングループで最近のお車に採用しているようなので、特に低音付近でボリュームに低音がついていかない状態になります。

これはスピーカーの振動版のストローク(前後に動く)ができないので起こる現象です。

この症状はスピーカー交換で見違えるように音が良くなるので、ぜひご検討ください。