読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

プリウスを全体的に防音デッドニング・フロアー編

こんにちは。

今日は先日作業しましたプリウスロードノイズ対策です。

s-IMG_6610.jpg

今回、プリウスはオーディオとロードノイズ防音対策の同時作業でした。

昨日はオーディオの紹介だったので、今回はロードノイズ対策となります。

今回のプリウスロードノイズ対策は全体的に施工します。

施工箇所はルーフ・フロア全面・リアラゲッジ・リアタイヤハウス・各ドアです。

防音デッドニングは基本に防音処理された面積が多いほど効果があると思いますので、特殊で高価な材料をピンポイントで使用したり、タイヤ系の音がうるさいのでタイヤを交換しただけなど、ピンポイントへのアプローチだけでは納得の高価は得られないと思います。

トヨタの高級車(今はレクサスから)などは、それこそエンジンから静かさにこだわった構造としているので全体が静かになります。

なので当店も静かな車を達成するために、車全体の状態を考慮しながら施工していきます。

そして今回はまず大きな面積のフロアからラゲッジスペースまでです。

s-IMG_6618.jpg

まずはフロアのカーペットとそれに伴う内装を外していきます。

全体を掃除しましてまずはロシア製STPのブチル系材料で制震材を施工します。

s-IMG_6622.jpg

フレームなどは除いて全体的に施工します。

そして当店は標準の2層構造としているので、独立発泡シートを絶対に施工します。

s-IMG_6626.jpg

こちらは吸音・遮音を得意とする材料なので制震材より大きく施工します。

薄く・軽いので純正の内装に影響が少なく、そして高性能。

全体の厚みは6mm程度に抑えます。薄く施工しておかないと、かかとの高さが変わって特にアクセルの高さに影響します。あまり高さが変わると運転していてアクセル操作が疲れやすくなるなど影響がでてくることもありますので当店では10mm以下に収まるようにしております。

上記のような内容を考慮しているので、当店では薄くて高性能にこだわっています。

そして当店ではセダン系の車両はリアシートの下までを、フロアとしております。

s-IMG_6619.jpg

同じく制震施工。

s-IMG_6620.jpg

メンテナンス性も確保しながら施工していきます。

s-IMG_6627.jpg

そしてお車のスペースを確認しながら、フロアは3層目の材料も施工します。

s-IMG_6628.jpg

今回はエーモンのロードノイズ低減マットを仕込みました。

このシートはおすすめですが、防音作業の場合ノイズの音源に近いほど効果が高いので、なるべく下方に仕込みます。

この内容はフロアデッドニング施工をご依頼いただいた方は、部品を購入いただければ一緒に仕込みます。

そしてラゲッジスペース。

s-IMG_6633.jpg

大きく施工していきます。

s-IMG_6635.jpg

全体的に施工します。

ちょっと見えてますが、次回はタイヤハウス・ルーフ・ドアを施工していきます。