読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

Nワゴンを全体的に防音・断熱デッドニング施工・フロア編

こんにちは。

今日は先日作業しましたNワゴンの紹介です。

s-IMG_6773.jpg

今回Nワゴンは新車にナビと車両全体のロードノイズ対策や断熱施工も施しました。

では作業スタート。

まずはフロアを全て外します。

s-IMG_6735.jpg

リアラゲッジまで全部です。

s-IMG_6732.jpg

そしてまずはSTPのブチル系制震材でフロアの貧弱なパネルに施工します。

s-IMG_6738.jpg

ゴム系材料の遮断特性を生かして、大きいサイズで施工していきます。

s-IMG_6741.jpg

エンドパネル付近まで、フレームなどを除いて施工します。

そしてワンボックスタイプのお車はリアのタイヤハウスが室内にあるので、当店では非常に優先順位を上げて対応しています。

s-IMG_6734.jpg

純正はとても貧弱でリアタイヤから鉄板1枚と内装で室内です。

なのでタイヤ側から少々叩くと状態がすぐに分かります。

s-IMG_6740.jpg

重点的に制震材を施工します。

そして標準の2層目のルーフとフロアの材料に今回はオーディオテクニカヒートシールドラグを使用しました。

s-IMG_6750.jpg

フロアにも全面的に施工しました。

音の遮音性能はもちろんですが、更に斜熱構造とした材料で当店ではルーフ・天井によく使用しますが、今回はよりエアコンの性能アップを期待して全体的に施工しました。

s-IMG_6751.jpg

構造は保冷バックによく似ているので、室内を保温して更に外部からの熱も遮断性能があります。

そしてリアタイヤハウス付近は独立発泡タイプの防音性能シートです。

s-IMG_6753.jpg

ここには材料の密着性を重視してチョイスしました。

ヒートシールドラグは伸縮性はないので、適材適所といった内容です。

これでフロア付近はほぼ完成で、あとはルーフやドアですが次回にします。