読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ボルボV40のルーフを防音デッドニング

こんにちは。

今日は先日作業いたしましたボルボV40の紹介です。

s-IMG_5789.jpg

今回V40はロードノイズ低減の作業で、お車を全体的に防音デッドニングいたしました。

今回は最後でルーフ(天井)とフロントタイヤハウスの作業です。

まずはルーフから。

s-IMG_6089.jpg

内装をまずは全て外していきます。

するとルーフには純正の制震材が入っていましたが、効果を考えるといまひとつです。

純正のパーツはほとんどの場合にコスト制限があるので、タイヤやシートやオーディオでも同じですが、ハイクオリティーなパーツは使えません。

なのでお客様のご要望に応じて当店のような専門店が、コストや重量の制限がなければ順当に結果をだせるのは当然の結果となります。

なので当店では純正の材料に追加としまして制震材を施工します。

s-IMG_6090.jpg

お車の全体的な防音・共振を考慮して施工していきます。

そして2層目で遮音・吸音を狙います。

まだ断熱材が無いころなので、独立発泡シートを全面施工しました。

s-IMG_6093.jpg

ルーフはこれで完成です。

この施工をすると風切り音や外部からの騒音を低減出来ることや、大雨時などの雨音を大きく低減できます。

またルーフの鉄板に制震材が未施工の国産車では、トタンを叩いたような雨音がするので不快なトタン音も解消いたします。

当店としてはルーフへの施工は、優先順位としてはフロアと同等に最優先事項です。

そして今回は更にロードノイズを低減させるために、フロントタイヤハウスも施工したしました。

s-IMG_6095.jpg

まずはインナーライナーを外して

s-IMG_6096.jpg

カバーがある範囲で制震材を施工いたします。

今回材料を施工した箇所が、室内との境界の部分になります。

外車はカバーが大きいこの位置に施工が出来ることが多いので、タイヤ系ノイズに大きな効果が得られます。

そしてインナーライナー。

s-IMG_6104.jpg

全体的に独立発泡シートを全面的に施工して、タイヤからの騒音を遮音いたします。

s-IMG_6097.jpg

そしてフェンダーのパネルにも制震材を施工しながら、さらに色々と細工をしてノイズ低減を狙います。

以上でボルボV40は完成となります。

本当は今回紹介した作業は半分ずつ施工したのですが、ブログを見ていただいている方に分かりやすいように一度に紹介いたしました。

ボルボのお客様は最初はフロアとリアラゲッジを施工しまして、すぐに追加の作業をいただきまして全体的に施工いたしました。

当店としましては、お客様からの感想を頂きながら更にご要望を汲み取って施工するので、仕上がりも良好でありますし勉強になります。

ここまで施工すると当店のデッドニングメニューでは、後はドア5枚・ボンネットで全て完成となります。

そしていつも感想いただけるお客様に感謝であります。

ありがとうございました。