読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

グランドチェロキーにフォーカル165KR2取り付け

こんにちは。

今日は先日作業しました、グランドチェロキーの紹介です。

s-IMG_6864.jpg

今回グランドチェロキーはスピーカーの取り付け作業です。

取り付けるスピーカーはフォーカルの165KR2です。

s-IMG_6846.jpg

この黄色のケブラーサンドコーンがフォーカルを代表するようなスピーカーです。

KR2はフェイズプラグ装備で中高域の特性を向上させたモデルです。

s-IMG_6847.jpg

アルミフレームに仕上げも綺麗なマグネットです。

音の良いスピーカーは細部の仕上がりも素晴らしいものです。

工業品としては基本なのかもしれません。

そしてツイーターはフォーカルが多く採用しているインバーテッド(逆ドーム)構造。

s-IMG_6848.jpg

振動版の材質もケブラーを使用していて、ウーハーとの音色の繋が向上を狙っています。

そんなスピーカーをまずは取り付けます。

フィンランド産バーチ材を専用に切り出して

s-IMG_6849.jpg

ドアをデッドニング施工しながら取り付けます。

s-IMG_6851.jpg

更にグランドチェロキーは純正のオーディオが外せないので、

s-IMG_6879.jpg

ハイレベル変換と調整を兼ねて、ドイツ製マッチDSPを取り付けます。

この機種は内部処理がハイレゾで動作できて、変換機としては驚くほどクリアーな音質です。

マッチはブラックス・ヘリックスを生産するオーディオテックフィッシャー社が純正のアップグレードに設定した新ブランドです。

s-IMG_6854.jpg

アンプはARCオーディオのKS125.4ミニでマルチ接続としました。

ツイーターも純正位置に少々の加工で違和感無く取り付けて完成。

s-IMG_6875.jpg

そして音はフォーカルの柔らかく・エネルギッシュなサウンドに、純正のオーディオからなので透明感が無いのでは?と懸念していたのですが、ARCアンプとマッチDSPの組み合わせでクリアーな表現も確保できて、お客様にも理想通りと合格をいただきました。

しかしマッチDSPのコストパフォーマンスが非常に高いので、純正からのシステムアップが容易になってきました。

マッチDSP、おすすめです。