読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

キューブを全体的に防音デッドニング・ルーフや各ドアなど

こんにちは。

今日は先日作業しました、日産キューブの防音対策のつづきです。

s-IMG_7052.jpg

前回はフロアからリアラゲッジ・タイヤハウスまで施工しましたので、今回はルーフ(天井)とドア5枚分です。

まずは内装を外して、ルーフを清掃します。

s-IMG_6985.jpg

フレームが数本ありますが、制震材は無いので効果が期待できます。

まずは1層目の制震材を施工します。

s-IMG_6987.jpg

キューブは車格の割には大きなルーフなので、重い材料を張りすぎると天井の重さで、車体が振られるので重量面でも気をつけます。

STPのボンブと硬質タイプの制震材を使用して、重量が増えすぎないように注意しています。

当店では走行中の快適性も含めて施工するので、多く材料を施工して騒音は下がったが、ルーフが重くて走行性能が下がることがないようにトータルバランスを見極めます。

そして2層目に断熱・防音の材料を施工します。

s-IMG_6990.jpg

全面的に施工します。

しかしキューブは広いルーフなので効果もハッキリ分かるはずです。

これでルーフは終わりで次は、ドアです。

s-IMG_7031.jpg

オーディオのデッドニングと違って、スピーカーの振動のコントロールではないので材料・施工を変えています。

外側のパネルは硬質系デッドニング材で、今回内側のサービスホールはSTPを使用しました。

さらに防音性を持たせるために、独立発泡シートにて遮音性を持たせます。

s-IMG_7050.jpg

あと内装に吸音処理をして完成。

更にバックドアも施工します。

s-IMG_7008.jpg

小さなパネルで前のドアとは構造が違うのですが、今回はパネル側に防音性能を持たせました。

s-IMG_7009.jpg

硬質系制震材を施工してから、パネルに発泡シートで遮音性能とします。

またバックドアにも制震しまして完成。

この施工の方がドアのメンテナンス性を確保できるので決定。

色々な車種をデッドニングしますが、構造は違うので全ては適材適所に施工していきます。

これで室内は完成なので内装を組み上げながら、事前にお客様にも確認してからですが、スペースを見つけて吸音処理を施していきます。

s-IMG_7051.jpg

このパーツはキックパネルを吸音としました。

このぐらいの吸音だと一箇所では違いが分かりづらいですが、複数個所を細かく吸音することで効果を狙います。

デッドニングは地道な作業ですが、手間がかかるトコロほど効果があったりもします。

そして後はフロントタイヤハウスの施工で終わりです。

また次回に。