読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

キューブを全面的に防音デッドニング・ボンネット・タイヤハウス

こんにちは。

今日は先日、ロードノイズ対策の作業をしました日産キューブの紹介です。

s-IMG_7052.jpg

前回までにルーフ・フロア・ドア・リアラゲッジ・タイヤハウスを施工しましたが、今回はボンネットとフロントタイヤハウスです。

まずボンネットです。

s-IMG_6991.jpg

キューブは純正のインシュレーターが無いので、エンジン音低減を狙った施工をいたします。

まずは制震材です。

s-IMG_7003.jpg

硬質特性のブチル系デッドニング材を使用して制震施工します。

写真は少々控えめな量ですが、今回キューブは全体で制震材を多く使用しているので、車重が重くなりすぎないように軽量を意識しています。

そして2層目の遮音材。

s-IMG_7004.jpg

純正のインシュレーターがありそうな部分に施工します。

さらにボンネットは3層目の断熱・吸音材がSTPから専用で販売されているので使用しました。

s-IMG_7020.jpg

分厚いスポンジ状の吸音材に断熱フィルムが施されている材料です。

これでボンネットの防音処理完成。

そして次はフロントタイヤハウスの施工になります。

s-IMG_7040.jpg

まずはインナーライナーを外して、施工できる範囲で制震材を施工します。

ココが室内と鉄板1枚のパネルです。

更に遮音材に発泡シートを施工します。

s-IMG_7048.jpg

まずこれで2層構造です。

更にインナーライナーにも処理していきます。

s-IMG_7047.jpg

このインナーライナーにも2重の施工としました。

フロントタイヤハウスはスペースが少ないことが多いので、ここまで材料を施工できるかが空けてみないと分かりません。

更にフェンダーにも吸音など色々細工をして完成です。

そしてキューブはこれで全部完成となります。

完成した車両に乗り込むと、エンジンをかけていなくてもシーンとした静寂な空間になります。

外部からの騒音を大きく低減していることがスグに分かるレベルです。

今回の作業は当店で用意させていただいている作業メニューをほとんど施工いたしました。

当店では最終的にこのぐらいまでの施工をご案内できるので参考にしてください。