読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アテンザをルーフ・Fフロア防音施工

こんにちは。

先日は突然の臨時休業になりまして、ご迷惑をお掛けしました。

突然の休業にもかかわらず日程の変更に協力いただいたり、ご心配いただきまして本当にありがとうございました。

現在は完全復活しまして、時期らしく忙しくさせていただいております。

そして今日現在から、ずいぶん昔になったブログを進めていこうと思っています。

それでは先日作業しました、当店では定番になりました、マツダ・アテンザの防音施工の紹介です。

今回の作業は、まずは自分を中心にロードノイズ低減を実感したいとの、ご注文でしたのでフロントフロアとルーフデッドニングを施工しました。

ではスタート。

まずはルーフです。

s-IMG_7154.jpg

まずはルーフの内装を外すと、天井のパネルが見えてきます。

最近の低燃費車は鉄板が極端に薄いので、雨が降るとトタンを叩いたような音がします。

メーカーさんも事情は分かっているようで、かなり多めの吸音材がありますが、音が鳴った後では吸音だけでは満足な効果は難しいと思います。

当店では、まず鳴らない様に制震・防音を施工します。

s-IMG_7161.jpg

今回はSTPのフロアー用の材料を施工しました。

フロアー用の材料は効果は高いのですが、重量も多めなのでスポーツ走行性能を気にされる方は、適度・適正に施工します。

そして当店ではルーフの2重目の材料に遮音・斜熱、簡単に言うと防音・断熱効果のある材料を施工します。

s-IMG_7163.jpg

今回のアテンザは吸音材は、純正でたっぷりあるので問題ありません。

当店の2重目の材料は、独立発泡材をベースにアルミガラスクロスを追加加工した材料です。

この材料であれば、防音と断熱が一度にできるのでオススメです。

そしてフロアーは今回フロントフロアの施工です。

s-IMG_7166.jpg

純正のカーペットを外してから施工します。

まずは1層目にSTPのブチル系制震材を施工します。

s-IMG_7167.jpg

当店ではゴムの防音性能も機能するように、大きなサイズで施工します。

振動と防音を高めます。

更に2層目を施工します。

s-IMG_7168.jpg

今度は独立発泡のシートを全体的に施工します。

このシートは吸音性能と遮断性能があるので、ブチル系で基礎的な強化をして、発泡シートで防音するイメージです。

当店では基本が2重施工になります。

当店のオススメは、まずフロアとルーフです。

そしてお車の形状とご要望を考察して、ご提案していきます。