読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アテンザを全体的にロードノイズ防音デッドニング施工・フロア

こんにちは。

今日は先日作業しました、当店では施工が多くなってきましたマツダ・アテンザです。

s-IMG_7297.jpg

今回アテンザには、全体的なロードノイズと静寂性を高める施工をいたしました。

最近アテンザの施工が多く、お車的には先進のクリーンディーゼルスカイアクティブが魅力的なのですが、反面多くのお客様がお車の静粛性がもう少し良ければ理想なのですがと言うお話を聞きます。

マツダ車はスカイアクティブの一環で、車両の軽量化も向上を図っているので、軽量化のデメリットが静粛性には良くないようです。

なので当店では、アテンザの静粛性を向上して、より快適なお車になるような施工を施します。

ではスタート。

まずは基本的な施工箇所からフロアです。

s-IMG_7287.jpg

マイナー前のアテンザのフロアを全て外します。

しかしアテンザは広い室内なので、施工面積がセダンの中でも一番広い部類に入ります。

まずはブチル系制震材にて、デッドニングを施工します。

s-IMG_7290.jpg

まずは制震と防音性能を持たせる1層目です。

軽いフロアのパネルがガッチリと比重のある材料で、しっかりとします。

そして当店は標準で2層施工としています。

s-IMG_7293.jpg

こちらも全面施工といたします。

2層目の材料は比重は軽いが、独立発泡素材で遮音性能に特化した材料を使用して、複合的な効果を出します。

当店では2層の構造を基本として、お客様が「静かになった」と感じられる状態にいたします。

ロードノイズだからタイヤだけとか、dB表示上だけではなかなか静かを達成できないトコロがロードノイズ対策の難しさです。

そして同様の施工をリアシートしたにも施工します。

s-IMG_7292.jpg

1層目の高比重ブチル制震材を施工。

s-IMG_7295.jpg

2層目の遮音性独立発泡シートを施工。

このリアシート下までが当店のフロア全面デッドニングになります。

そしてアテンザはまだまだ施工がつづきます。