読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

80系ノアのリアタイヤハウスを防音施工

こんにちは。

まず今日のブログで1000回目の記事となりました。

当店のブログはなるべくシンプルな内容を心がけているので8年ほど続きました。

今後も仕事内容も含めて、シンプルで分かりやすいをモットーにブログを続けていきます。

では先日施工しました、80系ノアのロードノイズ対策のつづきです。

s-IMG_8337.jpg

前回はルーフを紹介したので、今回は1BOXやミニバンでオススメなリアタイヤハウスの施工を紹介します。

s-IMG_7310.jpg

まずサードシートを外してから、リアの内装を外します。

するとタイヤハウスが見えますが、特に吸音などはしてなくてそのままです。

しかし80系ノアからリアタイヤハウスの内側は特殊塗料でメーカーも遮音対策してはいますが、内側は内装も含めて何もしていないので、当店の防音施工を施して更に向上させます。

まずはブチル系制震材を施工します。

s-IMG_7323.jpg

今回は施工箇所も多いので、軽量の硬質系制震材をチョイスしました。

まずこれで1層目です。

そして2層目。

s-IMG_7325.jpg

遮音・防音の独立発泡材を施工します。

また同時にリアフェンダーパネルも2重施工を施します。

このリアタイヤハウスへの施工は、内装とのクリアランス(隙間の幅)が少ないので薄くて高性能な材料が必要になります。

そして同時にテンパーがある位置も施工しました。

s-IMG_7309.jpg

今回はハイブリットなので、リアにバッテリーがあります。

まずは1層目。

s-IMG_7319.jpg

硬質・軽量のブチル系制震材を施工します。

更に2層目。

s-IMG_7332.jpg

全面に遮音・防音用に独立発泡材を施工しました。

この位置への施工は貧弱な構造の補強と、マフラーからの騒音の侵入の低減を狙って施工します。

当店のロードノイズ削減の基本は複数個所への施工で、全体の騒音レベルを下げることが目的なのです。

1箇所・1つの要因だけではなく、常に複合的にロードノイズを含めた騒音の低減を狙っています。

そして今回ノアはフロントフロアなども施工したので、次回に紹介します。