読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ヴェゼルのリアタイヤハウス防音デッドニング

こんにちは。

今日は先日、防音デッドニング施工しましたヴェゼルのつづきです。

s-IMG_7413.jpg

前回までのブログでルーフ・天井とフロア全面を施工いたしました。

本来はまずは2箇所の施工だったのですが、施工後すぐにご来店いただきまして、思った以上にロードノイズが軽減したのでもっと良くなるのであればと追加作業をいただきました。

そして追加作業として、当店では1BOX・ミニバン系では基本としているリアタイヤハウスとラゲッジです。

ワゴンなどはリアのタイヤハウスが運転席から繋がった空間にあるので、騒音の元であるタイヤに対して施工していきます。

まずは内装を外していきます。

s-IMG_7443.jpg

今回のヴェゼルはHVなので、バッテリーシステムがありますので、施工できる範囲で施工します。

まずはタイヤハウスにブチル系制震材を施工します。

s-IMG_7448.jpg

今回はDDオーディオの超高比重材で施工しました。

性能は申し分ないのですが、コストが掛かりすぎるので今後はどうしようか検討中です。

更にラゲッジ付近にも施工します。

s-IMG_7450.jpg

HVは外せないので、施工できる範囲で施工します。

ラゲッジに少々施工した材料はデコール販売のドイツ製制震材です。

性能は温度特性や防音性能、更に環境基準もクリアしている軽量型高性能材料ですが、やはりコストが高いので、フロアにたっぷり使用するには、金額アップになってしまいます。

今回はDDが重かったので、相殺するように軽量材料も使用しました。

そして遮音性能の独立発泡シートを施工します。

s-IMG_7455.jpg

タイヤハウスは全体をしっかり覆うように施工します。

このふくらみの後ろには、タイヤがあるので直接的にタイヤの音を軽減できます。

ラゲッジにも施工します。

s-IMG_7451.jpg

これでラゲッジとリアタイヤハウス完成です。

当店ではフロア・ルーフ・リアタイヤハウスを、オススメしていてこの3箇所の施工で室内のロードノイズは大きく削減できます。

ここからもっと静かにするには、ドア4枚が有効です。

参考にしてください。