読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

インプレッサスポーツをロードノイズ対策・ルーフ

こんにちは。

今日は先日作業しましたインプレッサスポーツの紹介です。

s-IMG_7770.jpg

今回インプレッサロードノイズ対策にてご来店いただきました。

s-IMG_7773.jpg

遠方からのご来店ありがとうございます。

ありがたくも当店のロードノイズ対策のお客様は半分以上は県外からのお客様になります。

今回はロードノイズ削減を目的に、フロア・ルーフ・リアタイヤハウス・ラゲッジの主要な箇所への施工となります。

まずはルーフの作業からスタート。

s-IMG_7721.jpg

まずはルーフの内装を外します。

そして1層目の素材に、硬質系ブチル制震材を施工します。

s-IMG_7724.jpg

この材料は自動車メーカーに材料を供給している、国内メーカーさんへ注文して作っていただいております。

従来の材料より少ない物量で、硬く仕上がる特性があります。

また温度特性にも優れていて、温度の変化に対して性能の変化が少ない特性でルーフへの施工にも適しています。

この辺りは日本製の品質のこだわりが良好な結果につながります。

そして2層目の素材を施工します。

s-IMG_7730.jpg

独立発泡素材に断熱アルミガラスクロスを加工した、遮音・断熱材を全面施工します。

この施工で遮音と斜熱処理として防音性能を高めます。

そして純正で吸音処理を行っていなかったので、シンサレートを追加しました。

s-IMG_7733.jpg

このシンサレートは純正でも採用されている、軽量の吸音材です。

これで遮音・斜熱・吸音と防音の基本となる施工が完成しました。

そして少々追加の作業でAピラーを追加作業です。

s-IMG_7749.jpg

こちらが純正のピラーの状態。

シンサレート系の材料で吸音を狙っています。このことからもピラーへの吸音が有効なことが分かります。

そして当店ではシンサレートを外して、ピラー全体に低反発系の連続発泡吸音シートを施工します。

s-IMG_7757.jpg

外したシンサレートは室内にて再利用とします。

Aピラーは前方からの風と受ける箇所であり、風を切りやすい位置なので対策が有効と考えます。

このくらいの追加作業は1箇所、¥1000円程度ですのでご相談ください。

そしてインプレッサはフロアの作業に進みます。