読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

スプラッシュのロードノイズ対策・リアタイヤハウス・ラゲッジ

こんにちは。

今日は先日ロードノイズ削減の作業をしましたスプラッシュの紹介です。

s-IMG_8155.jpg

前回までのブログで、ルーフ・フロア全面と紹介しましたが、今回はリアラゲッジとリアのタイヤハウスの紹介です。

スプラッシュのような1BOX車やコンパクトカーはリアのタイヤハウスが室内にある構造で大きなウィークポイントです。

なのでタイヤハウスを中心に防音すると効果的です。

ではスタート。

s-s-IMG_8059.jpg

まずは内装を外していきます。

まずは1層目に制震材を施工します。

s-s-IMG_8062.jpg

ブチル系のアルミ材との複合材で制震と遮音を狙います。

s-s-IMG_8060.jpg

そしてタイヤハウスも施工します。

そして基礎的な制震施工が終わりましたら、重要な遮音材を施工します。

s-s-IMG_8066.jpg

2層目には軽量な遮音材を全面施工とします。

タイヤハウスも重点的に施工します。

s-s-IMG_8065.jpg

この単独発泡材で遮音性能を高めます。

更にタイヤハウスの空いたスペースでは、吸音材にて吸音処理とします。

そして今回の作業では、効果的な施工箇所があれば追加してくださいとの指示がありましたので、スペースを見つけては吸音処理を施工しております。

助手席がわのグローブBOX裏側のスペースや

s-IMG_8130.jpg

エアコンのブロアーの上に大きなスペースがあったので、シンサレートにて吸音処理としました。

更にオーディオを外した時に

s-IMG_8129.jpg

ダッシュパネル中央など細かく吸音処理しました。

ロードノイズ対策は複数の材料で数種類の施工を重ねることで、車内の静寂性が向上します。

国産の高級車も同じアプローチで、達成しているのでもちろん小型車でも効果があります。

そしてスプラッシュはオーディオも取り付けしましたので、まだつづきます。