読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

RX-8のロードノイズ・運転席断熱対策

こんにちは。

今日は先日作業しましたマツダRX-8の紹介です。

s-IMG_8282.jpg

今回RX-8はロードノイズ対策の施工になります。

作業内容はフロア全面防音デッドニングですが、ひとつ追加でRX-8は運転席の左足ふくらはぎ付近が熱くなるので斜熱・断熱対策も同時に施工いたします。

では作業スタート。

まずは内装・シートを外していきます。

s-IMG_8258.jpg

こちらは助手席。

そして運転席。

s-IMG_8259.jpg

少々違いがあるのですが、運転席の左足ふくらはぎ付近に突起した部分がありまして、この下に触媒が埋め込まれるようにあるので左足のふくらはぎ付近が熱いそうです。

当店では他にもZ34なども施工例があるので、同様の対策施工が可能です。

まずは制震材の施工からスタート。

s-IMG_8262.jpg

フロア全体にロシア製制震シートSTPを施工していきます。

s-IMG_8263.jpg

運転席も施工します。

RX-8はシフトの下の位置に制震材がなく、トタンのような状態でウィークポイントになっています。

そして基本の制震材施工が終わりましたら、次は2層目の施工です。

単独発泡シートを施工します。

s-IMG_8267.jpg

この材料は重量も少なく、遮音性能が高いので全面施工とします。

そして運転席は先ほどの触媒位置に、斜熱用に断熱アルミガラスクロスとの複合材を部分的に施工します。

s-IMG_8271.jpg

防音的には性能は同等ですが、更に断熱性能に特化した材料です。

そして当店のフロア施工はリアシート下まで施工いたしました。

s-IMG_8270.jpg

これで基本的な2重構造は完成です。

そして今回は追加で防音シートを追加しました。

s-IMG_8278.jpg

このシートはゴムのシートと吸音素材の複合材で、主にゴムの遮断性能の追加が目的です。

ゴムは発泡層を持たないと、ほぼ吸音しないのですが遮断性能には優れます。

このように複数の材料を使用して制震や吸音、遮断などの効果を複数の材料にて、薄い構造で達成することが目的です。

あまり厚い材料では純正の内装が復元できなかったりと、仕上がりが悪くなります。

このように当店では仕上がりや、細かな効果なども追求して快適な車内に仕上げます。