読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ヴェゼルのロードノイズ対策・ルーフ施工

こんにちは。

今日は前回紹介しましたヴェゼルの作業のつづきです。

s-IMG_8978.jpg

前回までにロードノイズ防音施工でフロアを施工しましたが、今回はルーフ防音・断熱施工です。

では作業スタート。

まずは内装を外していきます。

s-IMG_8939.jpg

ヴェゼルのルーフは鉄板が非常に薄いので、ちょっと洗車時に手をついたりすると凹んでしまうようです。

メーカーは軽量化のために薄くしていますが、デメリットとして雨音がうるさい内容や車内の静寂性がダウンしています。

メーカーも吸音材は仕込んでいますが、鉄板が薄い内容を相殺するほどの効果はありません。

s-IMG_8942.jpg

たぶんシンサレートですが、いっぱい入っています。

それでまずはルーフのパネルに制震材を施工します。

s-IMG_8953.jpg

今回は2種類の材料を使用しました。

中央に少々STPのフロア用制震材のボンブを使用しています。

この材料はSTPの中でも一番協力な材料ですが、伸縮性や厚み・重量面でゴツすぎるので普段はピンポイントで使用していますが今回は薄い鉄板の強度を向上させたかったので少量使用しました。

そしてもうひとつの材料は通常の硬質特性の制震材を施工しました。

この材料も伸縮性が少ないためにフロアでは使用していません。

まずはカッチリと硬い仕上がりとしました。

そして2層目の素材は斜熱・遮音材の施工です。

s-IMG_8958.jpg

独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材です。

この材料で防音と断熱性能を高めます。

そして純正の吸音材に更に追加吸音材も施工しました。

s-IMG_8959.jpg

純正シンサレートの隙間や

s-IMG_8962.jpg

フロントガラス部のフレームの空洞にも吸音材を施工しました。

今回施工にあたりまして追加吸音スペースがあれば、追加OKとの指示が出ていましたので追加いたしました。

これでルーフは復元して完成となります。

そして更にリアラゲッジなど施工したので、次回に紹介いたします。