読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アテンザのロードノイズ防音対策・バックドアなど

こんにちは。

今日は先日に作業しまして、複数にわたり紹介しているアテンザのつづきです。

s-IMG_9118.jpg

車両全体をロードノイズ対策したのですが、今回でまず1回目の施工が最後となります。

まずはワゴンなのでドア全て防音施工としましたので、のこるバックドアの紹介です。

s-IMG_9159.jpg

まずは制震がまったく施工されていないので、バックドアが下がらない程度に制震施工いたします。

そして遮音材ですが、このまま施工するとメンテナンンスを考えると機械が多いのでトリム・内装側に施工しました。

s-IMG_9149.jpg

まず純正のシンサレートを外して、適度に制震施工とします。

そして遮音材です。

s-IMG_9157.jpg

この内張り側のほうが、形状的に材料が密着するので良いと判断しました。

独立発泡材を施工します。

s-IMG_9158.jpg

そして純正のシンサレートを復元して完成です。

制震・遮音・吸音と軽量かつ、複合的に処理しました。

そして今回はお客様より、細かな吸音処理など追加の指示がありましたので色々と施工しました。

s-IMG_9191.jpg

まずはアクセルの脇のキックサイドカウルに施工します。

まず少々制震。

そして吸音施工。

s-IMG_9192.jpg

この吸音施工は純正でも施工してある場合もあり、当店も小さなパネルではありますが重要な箇所と判断しています。

s-IMG_9193.jpg

これは運転席まえのAピラーです。

純正のシンサレートは残して追加吸音とします。

当店は高価な材料もありますが、2種類の材料を使用することで違う周波数を吸音することが良いと判断しています。

s-IMG_9163.jpg

これはバックゲートのリアスポイラー下の内装、吸音とします。

s-IMG_9161.jpg

上記の部品のサイドのパネル。こちらも吸音処理。

s-IMG_9194.jpg

そしてシフト付近には吸音材追加と、内装パネルのスペースを細かく吸音施工していきます。

このようにベースのデッドニングと細かな吸音処理を施しました。

欧州車や国産の高級車も、上記のような細部までしっかり対策されているので、高価な車は具体的に数段良い内容で静寂性を実現しています。

当店のロードノイズ防音対策は、内装やボディに対して後付けで静寂性を追加する施工です。

なのでスポーツ志向な車両や、低燃費で軽量な車にも静寂性を追加できます。

今回のアテンザのお客様にも好評で、この後さらに追加施工をいただきました。

最近はブログが防音ばかりですが、防音作業は写真点数が多いのでどうしても多く施工しているように見えてしまいます。

ちなみに今回のアテンザの施工内容で4日ほどの施工時間がかかります。

それでは、ロードノイズ施工も引き続き、よろしくお願いします。