読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

N-BOXのロードノイズ対策・フロア・タイヤハウス

こんにちは。

今日は先日作業しましたN-BOXのつづきになります。

s-IMG_9565.jpg

今回N-BOXはロードノイズ低減の防音デッドニングとスピーカーの取り付けを施工しました。

前回のブログでルーフへの施工を紹介しましたので、今回はフロアになります。

まずは内装を外していきます。

s-IMG_9530.jpg

シートや内装を全て外して、清掃します。

そしてまずは制震材を施工します。

s-IMG_9533.jpg

ロシア製STPのブチル系制震材を大きく施工していきます。

s-IMG_9538.jpg

しっかり密着させて施工します。

軽自動車は貧弱な構造なので、ロードノイズ低減の効果も分かりやすい車です。

s-IMG_9534.jpg

軽自動車のBOXタイプの車のウィークポイントのタイヤハウスも施工しました。

このウィークポイントは外側から、軽く叩いてみると室内にどれだけ響くか確認できます。

今回の作業はフロアとリアタイヤハウスス・ラゲッジ施工になります。

そして2層目の遮音材を施工します。

s-IMG_9545.jpg

独立発泡シートを更に全面的に施工していきます。

当店では2層の施工を標準としており、お客様が納得する結果を提供するには必要と考えています。

s-IMG_9540.jpg

ラゲッジも施工します。

ホンダ車をとくに内装のクリアランスが少ないので、薄く効果的に仕上げます。

s-IMG_9541.jpg

タイヤハウスもしっかり施工します。

当店では施工箇所によってイロイロな材料を使い分けています。

フロアなどには密着性を重要視しているので、タイヤハウスの曲面にも密着できる独立発泡材を使用しています。

s-IMG_9548.jpg

またリアフェンダーのパネル側には吸音材を施工して、ロードノイズレベルを下げていきます。

これでフロア・ラゲッジ・リアタイヤハウスの防音デッドニング完成です。

そして次はスピーカーとドアのデッドニングの紹介です。