読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

タントのロードノイズ防音対策・ルーフ・ドア

こんにちは。

今日は先日作業しましたタントの紹介です。

s-IMG_9687.jpg

今回タントは車両全体のロードノイズ対策を施工しまして、フロア・リアラゲッジ・リアタイヤハウスの紹介しました。

そして今回はルーフとドアになります。

では作業スタート。

まずルーフの内装を外していきます。

s-IMG_9677.jpg

しかしタントなどダイハツ車の多くは、ルーフの内装がコーキングで接着してあります。

この構造を外すのに一苦労です。

s-IMG_9681.jpg

そしてルーフにあるコーキング材を掃除して施工していきます。

まずは薄い鉄板に制震材を施工します。

s-IMG_9682.jpg

当店ではフロアとは材料を分けて施工しています。

ルーフには硬質系の制震材を使用しています。

この材料はフロアの材料に比べて硬く仕上がり、更に温度変化時でも特性に変化が少ない材料で、当店が厚みなど指定して国内のサプラーヤーに専用に作ってもらっています。

s-IMG_9683.jpg

タントは特に運転性上のパネルにフレームも無く、貧弱なので騒音・雨音が響きやすい構造です。

なのでしっかり強度を向上させながら施工します。

そして2層目の遮音材です。

s-IMG_9684.jpg

びっしりと全面施工とします。

当店では2層施工を標準としていまして、ルーフの遮音材は独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材を使用しています。

騒音と夏の日差しでの温度上昇を低減するなど複合的な効果があります。

s-IMG_9686.jpg

これで夏のエアコン効率アップで快適度もアップです。

タントはこれでルーフは完成です。

そして少々の追加作業でドアを手軽な防音施工を施しました。

ドアも本格的に施工するとまずまずの金額になるので、ライト防音施工です。

s-IMG_9691.jpg

軽自動車のドアは吸音などの施工はほとんど無い割には、ドアの面積は大きくウィークポイントになっているので、内装側を吸音処理しました。

純正は何も無く、薄い内装だったので、

s-IMG_9693.jpg

軽く制震材~遮音材~無理のない範囲で吸音の構造としました。

更にドアの制震をするとベストですが、コスパを考えて今回はこの内容にしました。

ドアの内装にしっかりとした防音と吸音処理です。

これで全体が完成です。

これだけ施工すればエンジン音以外は、並みの乗用車よりも静かで、更に高速道路などは格段に静かになります。

軽自動車でも、静かなお車はいかがでしょうか?

ご検討よろしくお願いいたします。