読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

レガシィワゴンを追加ロードノイズ対策

ロードノイズ対策

こんにちは。

今日は先日作業しましたレガシィワゴンです。

s-IMG_9798.jpg

数回前のブログで紹介しましたレガシィの防音デッドニングですが、お客様に大変好評ですぐに追加作業をいたしました。

本当は一度に紹介すれば良かったのですが、作業写真が多いので順番通りになってしまいました。

作業としましては、前回までの作業で大変効果が高かったので、出来る範囲で追加施工のご依頼でした。

なので今回はドアとフロントタイヤハウスです。

ではスタート。

まずドアの内装を外しまして制震材を施工します。

s-IMG_9951.jpg

今回の目的は防音が目的なので、コストも考えながら遮音・吸音をメインにしました。

アウターのパネルとインナーのパネルを適度に制震してから遮音施工とします。

s-IMG_9952.jpg

こちらは全面に施工します。

そして内装・ドアトリムにも施工します。

s-IMG_9954.jpg

純正は科学繊維系の吸音材がありますが、さらに遮音・吸音いたします。

まずは少々制震といいますか比重を与えます。

s-IMG_9955.jpg

硬質系制震材で、フニャフニャなプラスチックを少々固めに制震します。

そして遮音材を更に施工します。

s-IMG_9957.jpg

少々凹凸が大きいので部分ごとに施工します。

そして純正の吸音材を戻して、さらにスペースを見つけて吸音施工とします。

s-IMG_9958.jpg

今度は連続発泡材・スポンジ状の吸音材を施工しました。

これで完成。

主に遮音・吸音をメインとして、ドアの重量は極力重くしない方向で、防音処理としました。

デッドニングもイロイロな手法がありますが、オーディオのお客様ではない方は、ドアは重くないほうが好まれます。

そして更にフロントフェンダー付近もロードノイズ対策としました。

s-IMG_9976.jpg

インナーライナーを外して、内部を制震しまして、遮音・吸音としていきます。

更にインナーライナー側も処理します。

s-IMG_9964.jpg

まずは適度に重量を与えて、軽い響きを低減させます。

次に遮音材を施工します。

s-IMG_9966.jpg

この材料は軽量な材料なので全面的に施工します。

そして更に吸音材も施工します。

s-IMG_9970.jpg

一部スペースはクリアランス・隙間がほぼ無い箇所もあるので、施工できない部分もありますが、なるべくスペースをいっぱいに使用してロードノイズを低減していきます。

これで2回目の施工も完成です。

全体的にはフロア・ルーフ・前後タイヤハウス・ラゲッジ・ドアと当店の提案する、ボディパネルの防音施工は完成です。

この度は遠方からご来店いただきまして、ありがとうございました。