読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ブレイドのロードノイズ防音施工・タイヤハウス

ロードノイズ対策

こんにちは。

今日は先日作業しましたブレイドの紹介です。

s-IMG_0245.jpg

前回のブログでスピーカーの取り付けの紹介をしましたが、今回は同時作業で防音デッドニングです。

以前にフロア全面防音デッドニングは施工していて好評だったので、今回は追加施工でフロントタイヤハウスとドアの追加防音施工となります。

ではスタート。

まずは前回スピーカーを取り付けた際に、ドアを防音施工しました。

ドアには前のお店さんがオーディオのデッドニングを施工していたので、追加で防音施工としました。

s-IMG_0154.jpg

まずはドアに遮音材です。

独立発泡材を全面に施工します。

そしてドアトリム・内装側です。

s-IMG_0156.jpg

純正でも吸音材がありますが、追加で強化していきます。

まず少々の制震材を施工してから

s-IMG_0162.jpg

スペースを確認しながら、遮音材と吸音材を追加していきます。

純正の材料はそのまま使用します。理由は吸音材は複数使用するコトで異なった周波数に効果がでるので、出来るだけ複数使用しています。

そしてフロントタイヤハウスです。

まずインアーライナーを外します。

s-IMG_0191.jpg

純正のシンサレートがありましたが、ココは施工する材料の密着性を考えて外しました。

そして清掃して軽く制震材を施工してから遮音材を施工します。

s-IMG_0202.jpg

全面的に施工します。

更にボディ側にも施工します。

s-IMG_0209.jpg

主に車両の室内に向かっている位置を重点的に施工します。

制震材を施工してから、遮音材を施工します。

s-IMG_0213.jpg

そして上部のスペースを見つけて吸音材を施工します。

タイヤハウスはスペースがある限り複数施工しますが、なかにはクリアランスがゼロに近い場合もあるので、薄い材料などを工夫して施工します。

またフロントタイヤハウスはフェンダー内もいろいろと施工します。

s-IMG_0212.jpg

写真には写りづらいのですが、いろいろと吸音など施工しています。

今回はこれで完成となります。

フロアとフロントタイヤハウスへの施工で、車両前方を重点的に静音化しました。

当店の施工はお客様にお伺いしながら、お客様の求める効果を追及するので、ぜひご相談ください。