読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ロードスターのロードノイズ防音対策

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたロードスターの紹介です。

 

f:id:soundrising:20161026182212j:plain

 

今回ロードスターはロードノイズ対策を施工しました。

 

車の形状的には軽量な2シーターなので、通常の車とは形状が違いますが、しっかりと施工いたしました。

 

まずはフロアから紹介いたします。

 

f:id:soundrising:20161101184740j:plain

 

まず内装とシートを外して、清掃します。

 

マツダ車は全体的に軽量化の影響か鉄板・パネルが薄い傾向にあります。

なので、しっかりと制振していきます。

 

まずは制振材を全面的に施工します。

 

f:id:soundrising:20161101184943j:plain

 

平面的な構造なので、大きく施工していきます。

制振材にはロシア製STPの材料を使用します。

 

そして次は遮音材です。

 

f:id:soundrising:20161101185111j:plain

 

2層目に独立発泡材の遮音材を施工します。

 

この材料は軽量なので、車重が気になる方は制振材を少し減らして遮音材を全体に施工すると少々軽くなりますが、当店のお客様は防音重視なお客様が多いので、軽量の注文をほとんど受けたコトがありません。

 

今回もできるだけ防音重視で、数キロ程度は問題ないとの依頼でした。

 

f:id:soundrising:20161101190425j:plain

 

フロアはこの位置まで施工しました。

 

そして大変だった箇所は、ラゲッジ付近です。

セダンやBOXのお車とは、構造がだいぶ違うので時間がかかりました。

 

f:id:soundrising:20161101190715j:plain

 

内装を外すしても、イロイロな鉄板のカバー類があります。

 

f:id:soundrising:20161101190935j:plain

 

また前からすると、トランクとは繋がっているので狭いトコロも施工していきます。

 

まずは制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161101191001j:plain

 

ラゲッジの下にはマフラーがあるので、構造が貧弱な場合は重要です。

当店ではメンテナンス性も考慮して、室内からマフラー音を防止していきます。

基本的に室内の方が材料自体の安定性・劣化は良好なので室内側優先としています。

 

f:id:soundrising:20161101191331j:plain

 

2層目の遮音も施工します。

 

そして前方から見ると

 

f:id:soundrising:20161101191421j:plain

 

前方からも施工していきます。

 

ナカナカ施工に手が入らないのです、細かく施工します。

 

f:id:soundrising:20161101191609j:plain

 

そして純正の背もたれ付近のカバーも吸音処理としました。

 

これで完成です。

 

ロードスターなど軽量なスポーツカーも、より静かなドライヴはいかがでしょうか?