読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

30系アルファードHVのロードノイズ防音デッドニング・リアタイヤハウスなど

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたアルファードの紹介です。

 

f:id:soundrising:20161125185747j:plain

 

今回のアルファードは車体全体を防音施工としましたので、ブログも長くなりますがコツコツと紹介していきます。

 

前回までにフロアとルーフを施工しましたが、今回はリアのタイヤハウスやラゲッジBOXなど施工しました。

 

では作業スタート。

 

今回のアルファードは車内の内装は全てと言ってイイほど外しましたので、後は施工するだけです。

 

まずはリアタイヤハウスとフェンダーです。

 

f:id:soundrising:20161127182941j:plain

 

以外ではありますが、アルファードはこのグレードでもタイヤハウスには制振材はありません。

 

これであれば施工することによっての効果は期待できます。

まずは制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161127183131j:plain

 

タイヤハウスにSTPの制振材を施工して、上部のフェンダーパネルには硬質特性制振材を適度に施工します。

 

そして2層目の遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161127183309j:plain

 

タイヤハウスは全体的に施工してから、フェンダーパネルはフロア用よりも吸音性能に優れた遮音材を施工します。

 

そしてフェンダー付近のスペースに吸音材も仕込みます。

 

更に内装側にも遮音材を施工しました。

 

f:id:soundrising:20161127183506j:plain

 

純正はこんな感じで、遮音・吸音材共にありません。

 

当店的にはこれであれば、高い効果を狙えますがアルファードはもっとすごい車だと思っていました。

 

f:id:soundrising:20161127183908j:plain

 

タイヤハウス付近はクリアランス・隙間が無かったのですが、フェンダーパネル付近はスペースがあったので、遮音材を施工しました。

 

そしてこのパネルの上部の各ピラーも吸音施工としました。

 

f:id:soundrising:20161127184055j:plain

 

このピラーは少々、シンサレートがありましたので追加の吸音発泡材を施工しました。

 

f:id:soundrising:20161127184148j:plain

 

もう一つは、何もなかったので全体的に吸音処理としました。

 

このように今回の作業は、基本的な防音デッドニングを施工しながら、更に細かく吸音施工など追加しながらパフォーマンスアップを施工しました。

 

そしてラゲッジBOXも防音施工とします。

 

f:id:soundrising:20161127184743j:plain

 

ラゲッジBOXは意味あるのか?思われそうですが、しっかり純正の制振材もチョコット施工してあります。

 

当店では軽量よりも、防音重視なのでビシっと施工します。

 

f:id:soundrising:20161127184915j:plain

 

制振材を全面施工とします。

 

f:id:soundrising:20161127184942j:plain

 

そして遮音材も全体施工です。

 

コスパ重視なお客様は、前方のフロアやタイヤハウスからの施工を推奨いたしますが、今回のオーダーは、後方に乗車するゲストが静かに乗車できるコトが目的なので、重量増もまったく問題ない作業となります。

 

オーダーはゲストが静かに乗車できる施工を最大限施工することです。

 

最近はコストパフォーマンスを追及するコトが流行りですが、今回の仕事はハイパフォーマンス重視の施工となっております。

 

そしてアルファードHVは、まだまだつづきます。