読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

メガーヌ・エステートのロードノイズ防音デッドニング・リアタイヤハウス・ラゲッジ

こんにちは。

 

今日は先日作業しました、メガーヌ・エステートの紹介のつづきです。

 

f:id:soundrising:20161216185255j:plain

 

前回のブログでフロアの防音デッドニングを施工しましたが、

 

f:id:soundrising:20161216185702j:plain

 

今回はリアのタイヤハウスとラゲッジへの防音施工になります。

 

まずはメガーヌ・エステートの最大のロードノイズ的なウィークポイントのラゲッジです。

 

何がデメリットかと言いますと、ラゲッジのパネルが樹脂なのです。

 

f:id:soundrising:20161218185519j:plain

 

この黒いパネルは、プラスチックなのです。

 

よく言えば軽量構造なのですが、ロードノイズ的にはキビしい構造です。

真下にはマフラーもあるので、排気音も響くでしょう。

 

まずはココから施工していきます。

まず基本の1層目、制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161218185811j:plain

 

プラスチックの強度を出すために、凹凸が大きくて張り詰めるコトができませんが大きく施工していきます。

 

そして2層目の遮音材です。

 

f:id:soundrising:20161218185950j:plain

 

独立発泡の遮音材を全面施工とします。

 

f:id:soundrising:20161218190023j:plain

 

分かりやすく別角度です。

 

これで以前施工したお客様は、お店を出た瞬間に効果が分かりました!と言われました。

まぁココまで構造的に施工後の落差が出せる構造であれば、納得の結果となります。

 

そしてリアのタイヤハウスも同時に施工しました。

 

f:id:soundrising:20161218190327j:plain

 

ここのパネルも結構薄いので、効果が期待できます。

 

まずはSTPのアルミ・ブチルの制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161218190443j:plain

 

大きく施工していきます。

 

そして標準の2層目・遮音材になります。

 

f:id:soundrising:20161218190528j:plain

 

全面的に施工します。

 

これでリアタイヤハウスとラゲッジは完成です。

 

メガーヌはスポーツがウリなお車なので、国産ではナカナカ見かけない豪快な軽量化を見かけますが、エステート・ワゴンは便利な広さも重要で、更に静かさの向上の要望のある方もいらっしゃると思います。

 

当店ではそんなお客様のニーズに合った、ロードノイズ低減・防音デッドニングを施行しているので、気に入った車の静粛性を更に向上させられるので、ぜひご検討ください。

 

そしてメガーヌはオーディオのデッドニングも施工したので、次回に。