読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

レクサスISをロードノイズ防音対策・フロア施行

レクサス ロードノイズ対策 防音デッドニング 静音・防振

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたレクサスISの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170121201153j:plain

 

今回レクサスISはロードノイズ対策で防音デッドニングを施工しました。

 

もともと静かなISですが、最近は静かな車をさらに静かにする施工依頼が増えております。

 

そんな元々静かなISは室内スペースの防音を強化しました。

 

今回は基本となるフロアから施工していきます。

まずシート・内装など外していきます。

 

f:id:soundrising:20170121201507j:plain

 

よく観察すると純正の制振材も、最近の軽い素材より明らかに比重もありますし、吸音材も多めにあります。

低燃費・軽量が良しとされてる昨今よりも、品質第一だった良い時期のお車ですね。

 

しかし当店の仕事は、より静かにするご依頼をいただいておりますので施工していきます。

 

そして今回はリアシート裏も施工します。

 

f:id:soundrising:20170121202046j:plain

 

同型車種でもマークXと違って、クラウンやレクサスはリアシート裏は鉄板で塞がれております。さすがです。

トランクスルーの便利さよりも、静かな空間・走行性能を重視してあります。

 

まずは制振材を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170121202350j:plain

 

ロシア製のSTPを全面的に施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170121202418j:plain

 

足元も奥の方まで、シートのフレームは除いて施行していきます。

 

そしてリアシート裏も制振します。

 

f:id:soundrising:20170121202528j:plain

 

重要視したポイントは、左右の室内にあるリアのタイヤハウス部分です。

タイヤ系ロードノイズの低減を狙って、重点的に施工しました。

 

そして2層目の遮音材です。

 

f:id:soundrising:20170121202652j:plain

 

こちらは密着性を重視して、国内生産の単層タイプの独立発泡材を全面施工します。

 

f:id:soundrising:20170121202751j:plain

 

リアシート裏とタイヤハウス付近まで施工していきます。

 

そしてフロアはスペースを見ながら、追加で3層目の素材を設置します。

 

f:id:soundrising:20170121202846j:plain

 

この材料はエーモンさんの防音シートです。

ゴムとマイクロ繊維の2層構造の材料で薄いので、重宝しています。

 

これで完成です。

 

そして今回もできる限り、細かな吸音などのご依頼もいただいておりますので、施工しました。

 

リアシート上部付近の内装を

 

f:id:soundrising:20170121203141j:plain

 

連続発泡材、スポンジ状の吸音材を施行します。

 

f:id:soundrising:20170121203230j:plain

 

そしてリアタイヤハウス付近の、リアシートの両サイドの内装も施工します。

 

f:id:soundrising:20170121203316j:plain

 

もちろん何も無いので

 

f:id:soundrising:20170121203333j:plain

 

吸音処理としました。

まずはこれでフロアなど施工完成です。

 

今回ISは更にルーフとドアも施工したので、また次回に紹介します。