読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

BN9系レガシィB4にフォーカルES165KX2取り付け

スバル スピーカー デッドニング フォーカル

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたレガシィB4の紹介です。

 

f:id:soundrising:20170126190443j:plain

 

今回レガシィB4には、フォーカルのスピーカーES165KX2を取り付けました。

 

f:id:soundrising:20170126190543j:plain

 

このスピーカーはK2パワーシリーズの最上位機種で、黄色い振動版のフォーカルを代表するスピーカーです。

 

このスピーカーは何と言っても黄色の振動版、ケブラーサンドです。

そして更にフレームとマグネットも素晴らしいのです。

 

f:id:soundrising:20170126191138j:plain

 

見た目にもマニアは惚れ惚れするような、ロングストロークなフレームとボイスコイルの排熱構造もある大型マグネットです。

 

フォーカルでは更にベリリウムシリーズもありますが、このモデルは通常のメーカーであればハイエンドに相当するスピーカーと説明して、ご案内しています。

 

そしてツイーター。

 

f:id:soundrising:20170126191416j:plain

 

フォーカルの伝統的なインバーテッド(逆ドーム)ツイーターをウーハーと同じケブラー振動版な仕様です。

そして見た目にも美しく、さすがはフランス製と感心します。

 

今回そんなフォーカルを取り付けていきます。

 

まずはインナーバッフルです。

 

f:id:soundrising:20170126191643j:plain

 

フィンランド産ホワイトバーチ材で専用に作っていきます。

今回のウーハーは特に大きいので、少々部品点数が多くなっています。

 

そして当店のバッフルはスピーカーをボルト・ナットで固定しています。

 

f:id:soundrising:20170126192244j:plain

 

もう10年以上前からこの仕様ですが、たまに重ねて紹介しております。

この構造のメリットは、しっかりとした固定と脱着時に何度使用しても、また同じ強度で固定できます。

直ビス固定はメンテナンス時に外すと、次に少々緩んだりするので当店ではボルト・ナットを採用しています。

 

なのでバッフルにスピーカ用とバッフルのボルト・ナットを写真に撮ったらこんな量です。

 

f:id:soundrising:20170126192618j:plain

 

バッフルのオニメナットを除いても、2個分でこの量になります。

当店のコストは掛かりますが、スピーカーを鳴らす上でバッフルを含めた固定は非常に重要なので、標準でこの内容になります。

 

そして取り付けていきます。

 

まずドアのデッドニングですが、レガシィはドア全面に遮音材が標準で入っていますね。

 

f:id:soundrising:20170126192928j:plain

 

最近はホンダとスバルには、大体入っている印象です。

メーカーさんもコストを掛けても遮音性能を向上させているコトが伺えます。

 

そんなドアの情報もありましたが、制振デッドニングを施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170126194257j:plain

 

フルデッドニングとしまして、スピーカーを取り付けます。

 

f:id:soundrising:20170126194324j:plain

 

バッフルにニスを塗布して、しっかり固定します。

 

そしてツイーターは標準のブラケットで固定して完成です。

 

f:id:soundrising:20170126194424j:plain

 

今回はお客様の要望で、音質重視で純正のカバーの上に取り付けました。

これで完成です。

 

取り付けて調整とエージングをした感想では、フォーカルらしい柔らかなタッチの黄色の振動版のサウンドですが、以前よりも全体がクリアになった印象です。

 

低音のボリュームも、6インチクラスでは優秀な部類のスピーカーになります。

 

当店では見た目シンプルな取り付けですが、バッフルの材料や固定方法をこだわって、シンプルでも良い音で鳴るシステムを心がけています。