読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アクセラを全体的にロードノイズ低減防音施工・フロア

マツダ アクセラ 防音デッドニング ロードノイズ対策 静音・防振

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたアクセラです。

 

f:id:soundrising:20170128173229j:plain

 

今回アクセラはロードノイズのデッドニングでご来店いただきました。

 

f:id:soundrising:20170128185037j:plain

 

遠方から来ていただいて、本当にありがたいです。

当店のロードノイズ防音のお客様は、半数ほどは県外のお客様なので、貴重な時間を割いて来ていただくので、いつも気が引き締まります。

 

それでは車体を全体的に防音施工していきます。

 

まずはフロアの内装・シートを外していき、室内を清掃します。

 

f:id:soundrising:20170128185623j:plain

 

そしてまず1層目の制振材にロシア製のSTPの制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170128190730j:plain

 

全面的に施工していきます。

当店では制振材を敷き詰めるように施工していますが、この手法はSTPのメーカーさんに確認して施工しています。

メーカーいわく、隙間を空けると隙間から音が入ってくるそうです。

オーディオ的には振動の低減が目的になりますが、防音デッドニングでは遮音も兼ねているので全面施工の方が良いと判断しています。

当店は普段からメーカーさんや、サプライヤーさんに材料の特性と、正しい使い方をお伺いして、なるべく材料の特性を生かしつつ効果が上がるように施工しています。

 

フロアはリアシート下まで施工します。

 

f:id:soundrising:20170128191411j:plain

 

しっかり全面施工とします。

 

そして2層目に遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170128191455j:plain

 

国内メーカーさんの単層独立発泡材を密着させていきます。

こちらもしっかり全面施工とします。

 

f:id:soundrising:20170128191613j:plain

 

リアシート付近にも施工。

 

f:id:soundrising:20170128191635j:plain

 

これで当店の標準の防音デッドニング、2層仕上完成です。

 

そして今回はスペースを見ながら、3層目の材料も追加しました。

 

f:id:soundrising:20170128192641j:plain

 

エーモンさんの防音マットを追加しました。

 

f:id:soundrising:20170128192709j:plain

 

防音マットは2枚で6千円ほどの追加です。

当店の考えでは、ノイズが発生している根本的な箇所に施工した方が有効です。

 

さらに細かな隙間に吸音材を差し込んでいきます。

 

f:id:soundrising:20170128201140j:plain

 

ダッシュ中央や、キックパネルなど細かく吸音していきます。

 

まずはこれでフロア防音完成です。

そして今回アクセラはまだまだ続きます。