読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アクセラをロードノイズ防音対策・ルーフ

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたアクセラの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170128173229j:plain

 

今回アクセラはロードノイズ対策で、防音デッドニングの施工を行いました。

前回のブログでフロアを施工しましたので、今回はリアタイヤハウスとラゲッジを紹介します。

 

まずはラゲッジ付近の内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170202192935j:plain

 

テンパーが入る位置には純正の制振材も少々あります。

 

f:id:soundrising:20170202193021j:plain

 

そしてリアのタイヤハウスです。

今回のお車も形状は、ハッチバックなのでタイヤハウスと室内が連続につながっている構造です。

この場合はタイヤハウスを施工すると、タイヤ系ロードノイズを削減できます。

 

では施工スタート。

 

まずは制振材を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170202193252j:plain

 

全体的に施工していきます。

施工していない部分は内装の組み付け時に、厚みで問題がある箇所になります。

 

ロシア製STPの制振材を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170202193415j:plain

 

タイヤハウスも同様に施工していきます。

 

次は遮音材です。

 

f:id:soundrising:20170202193450j:plain

 

独立発泡材の単層素材を密着させながら施工していきます。

当店はフロアなど下側の施工には、密着にこだわっていましてSTPの材料も、単層の遮音材も密着性を重視して選択しています。

 

f:id:soundrising:20170202193641j:plain

 

タイヤハウスも遮音材を全体的に施工していきます。

 

これでリアタイヤハウスとラゲッジが完成です。

フロントの施工の次にはリアのタイヤハウスもオススメとなります。

 

そしてアクセラはまだまだ続きます。