読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アクセラをロードノイズ防音対策・ルーフ

こんにちは。

 

今日は先日施工しましたアクセラの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170128173229j:plain

 

今回アクセラはロードノイズの低減の為、防音デッドニングを施工しました。

前回までのブログで、フロアとリアタイヤハウス・ラゲッジを施工しましたが、今回はルーフの紹介です。

 

まずは内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170203190035j:plain

 

ルーフの鉄板・パネルには制振材などは無く、鉄板も薄い状態です。

この状態で雨が降ると、トタンを叩く様な音がします。

 

それではまずは制振材を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170203190221j:plain

 

当店ではルーフやドアパネルなどには、国内サプライヤーに注文して硬質特性の制振材を施工しています。

メーカーさんも自動車メーカーさんに材料を供給しているサプライヤーさんなので、温度特性など考慮した材料を使用しています。

他のメーカーさんの材料に比べて、同量で固く強固に仕上がりますが、材料の特性上、曲面に不向きなために、平面のパネルに特化した材料となっております。

 

そして2層目に遮音・遮熱材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170203190654j:plain

 

独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材です。

この材料を施工すると防音特性と断熱特性が向上します。

 

当店では標準でこの2層構造としています。

そして今回はルーフにシンサレートふがありましたので、吸音材は純正を使用しまして追加で、細かく吸音処理としました。

 

f:id:soundrising:20170203191041j:plain

 

 

サンバイザー付近のフレーム内へ、吸音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170203191124j:plain

 

リアラゲッジ付近のフレームも吸音処理としました。

更にAピラーも外したので、追加吸音処理とします。

 

f:id:soundrising:20170204184934j:plain

 

純正のシンサレートがあったので部分的に追加しました。

 

1か所単体では特別すごい効果はありませんが、車両の防音施工に関しましては車体全体の防音性能を向上していくアプローチしかボディ防音の向上方法はありません。

 

現実にレクサスなどの車には、イロイロなパーツに吸音材が施工されていますし、フロアの遮音材・吸音材も静かな車ほど、物量が多く使用されています。

 

当店としましては、魔法のようにノイズだけ消すことはできませんので、ボディパネルに材料を施工して、遮音性能を高めていく施工になります。

 

そしてアクセラは更に防音デッドニングを施工していきます。