読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アクセラのロードノイズ低減対策・ドア

こんにちは。

 

今日は先日しましたアクセラの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170128173229j:plain

 

今回アクセラはロードノイズ低減対策の防音デッドニングを施工しました。

前回までのブログでフロア・ルーフ・ラゲッジ・リアタイヤハウスなど施工しましたが、今回はドアや内装など紹介していきます。

 

まずはドアパネル・トリムを防音施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170205145738j:plain

 

今回のアクセラは内装側に防音施工としました。

マツダ車はサービスホールの無い構造なので、ドア側に施工するとメンテナンス時に材料が取れてしまうのでメンテナンス性を考慮して内装側となりました。

 

適度に制振材を施工してから、2層目の遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170205205808j:plain

 

凹凸が大きいので少々加工しながら施工します。

 

そして3層目の吸音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170205205907j:plain

 

全面的に施工とします。

ジュースホルダーの位置はクリアランスが少なかったので、吸音材は施工してありませんが、純正に戻すことが前提なので最適に状態に合わせて最適に施工していきます。

この作業を全部のドアに施工して完成です。

マツダ車のドアはサービスホールの無い構造なので、内装側で防音処理としました。

 

フロントドアも基本同じ防音施工ですが、一部純正の豪華な吸音材はそのままにしました。

 

f:id:soundrising:20170207184424j:plain

 

純正の吸音材は運転手に分かるように配置してありますね。

 

そして外してあった内装を細かく吸音施工としていきます。

 

f:id:soundrising:20170205211728j:plain

 

Cピラー

 

f:id:soundrising:20170205212114j:plain

 

吸音施工。

 

キックパネルやステップカウルなど吸音施工。

 

f:id:soundrising:20170205212134j:plain

 

外したパネルを細かく吸音施工。

 

f:id:soundrising:20170205213104j:plain

 

ダッシュボード裏に吸音材を仕込みながら、純正でもよく施工してあるグローブBOX裏に吸音施工。

 

f:id:soundrising:20170205212235j:plain

 

純正で施工してある構造は覚えておいて、良い施工は当店のお客様の車にフィードバックしていきます。

 

このように室内に関係する内装を徹底的に吸音していきます。

この施工は外して見ないと純正のスペースや状態が分からないので、施工前に言っていただければ施工していきます。金額な施工内容にもよりますが、そんなに高額な件ではないので施工にご相談ください。

 

そしてアクセラはまだまだ続きます。