読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アクセラのロードノイズ低減対策・タイヤハウス防音施工

アクセラ ロードノイズ対策 防音デッドニング 静音・防振

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたアクセラの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170128173229j:plain

 

今回アクセラはロードノイズ低減のため、車体全体を防音デッドニング施工しました。

前回までのブログで、フロア・ルーフ・リアタイハウス・ドアなど、施工しまして今回はフロントタイヤハウスの施工になります。

 

まずはタイヤを外してインナーライナーを清掃します。

 

f:id:soundrising:20170208174929j:plain

 

タイヤを覆うように付いている部品なのでタイヤ系ロードノイズ低減を狙います。

 

薄いプラスチックで出来ているので、防音施工高価も高そうです。

まずは適度に制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170208175137j:plain

 

軽いカバーをクリップで固定している構造なので、固定の強度からも適度な制振材となります。

そして2層目に遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170208180715j:plain

 

そして更に吸音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170208182727j:plain

 

タイヤハウスは材料を施工する空間はあるので、吸音材を含めて多くの材料で効果を狙います。

 

そしてボディ側のフェンダーパネルにも施工します。

 

f:id:soundrising:20170208182912j:plain

 

主に室内側に向かって重点的に施工していきます。

 

まずは制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170208183001j:plain

 

制振効果よりは、ゴム材による遮断効果を狙っていきます。

 

そして遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170208183105j:plain

 

上部の空いたスペースには更に吸音材を仕込みます。

吸音材に関しましては、スペース次第で沢山仕込みたいのですが、そこまでスペースは無いので、ボディ側かフェンダー側になる箇所もあります。

 

これで当店のフロントタイヤハウスへの防音施工は完成です。

 

 

次回でアクセラは完成となります。

ボンネットなどエンジン音低減のアプローチを施工して完成となります。