読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

プリウスにDLSスピーカー取り付け

スピーカー DLS プリウス サブウーハー カーオーディオ アンプ

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたプリウスの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170212163756j:plain

 

今回のお客様は、若いお客様で初めてのカーオーディオをノリよく楽しみたいとの要望です。

 

そしてご予算や聞かれる音楽の傾向で選んだスピーカーがコチラ。

 

DLSのRC6.2です。

 

f:id:soundrising:20170212164059j:plain

 

DLSはスウェーデンのメーカーで、アンプも含めた総合オーディオメーカーですが、上級機種にモレルのOEMスピーカーを採用していた関係から、昔のモレルのスウィート&ウォームなサウンドの名残があります。

 

そしてお客様は低音とヴォーカルの厚みが良いサウンドを希望だったので、この機種になりました。価格は6万円と中級機種の価格帯ですが、なかなか良い構造をしております。

 

まずはウーハーです。

 

f:id:soundrising:20170212164631j:plain

 

なんと言っても、この超大型マグネットの迫力たるや・・いつも取り付けどうしよう?なんて思いますが、低音からヴォーカル帯域までエネルギッシュ&パワフルなサウンドです。

 

そして振動版はアルミ振動版なので、パワフルですが歪は少なくといった構造で、パワフルでクリアーな表現の狙いも垣間見えます。

 

さらにツイーター。

 

f:id:soundrising:20170212164933j:plain

 

構造はシンプルなソフトドーム・ツイーターですが、この見た目の光沢感はモレル?ではないかと思わせます。

もともとモレルからOEM供給を受けていた経緯を考えると、もしかしたら?と思わせます。

そしてサウンドもヴォーカル帯域が良く、みょーに艶やかなヴォーカルが絶妙です。

 

そんなパワフルなスピーカーには、アンプも取り付けました。

 

f:id:soundrising:20170212185333j:plain

 

アンプはカロのGM-D7400です。

価格は手軽ですが、カロらしいクリアな表現のアンプです。

そしてこの価格にしては高出力なので、今回はサブウーハーもこのアンプで鳴らします。

 

まずはインナーバッフから作成していきます。

 

f:id:soundrising:20170212185730j:plain

 

フィンランド産バーチ材を専用に切り出していきます。

 

そしてドアをデッドニングして、スピーカーを取り付け増す。

 

f:id:soundrising:20170212185820j:plain

 

固定はしっかり、ボルト・ナットにて固定していきます。

 

ツイーターは純正の位置から、音のクオリティを重視して付属のブラケットで取り付けました。

 

f:id:soundrising:20170212190013j:plain

 

更にサブウーハーを取り付けます。

サブウーハーはイギリスのメーカー、VIBE(ヴァイブ)の小型サブウーハーBOX・CVENV6S-V4を取り付けました。

 

f:id:soundrising:20170212190553j:plain

 

このウーハーは最近増えている6.5インチサブウーハーです。

グラウンドゼロでも同等の商品がありますが、6.5インチの口径で10インチ相当の音圧がでるサブウーハーです。

 

この商品の特徴は6.5インチの小型なサイズも魅力ですが、小口径のスピードの速さも当店では推奨いたします。

また必要とするワット数も、大型なサブウーハーよりも少ないので、今回のように4chアンプでも、良くなるのでオススメです。

 

今回のシステムはフロントスピーカーをメインにして、小型なアンプとサブウーハーで低音も含めてノリ良く鳴らすシステムです。

またDLSのクオリティーも高いので、ヴォーカルも綺麗なサウンドを楽しめます。

 

低燃費なプリウスに、小型でパワフルかつ省電力なシステムでした。