読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ハスラーを防音デッドニング

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたハスラーの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170215133313j:plain

 

今回ハスラーはロードノイズの低減や、室内の静粛性を向上させる施工をしました。

 

今回はご予算やお客様の要望からルーフとフロントフロアを防音施工としました。

では作業スタート。

 

まずはイロイロな内装を外して、ルーフを清掃します。

 

f:id:soundrising:20170215135154j:plain

 

ルーフパネルには制振材は無いのですが、少々内装側に吸音材?らしきものがあります。

 

まずは制振材を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170215135252j:plain

 

ルーフには国内メーカーに作ってもらっている、硬質特性の制振材を施工します。

ブチルとアルミ構造で、温度特性に優れているので温度変化の大きいルーフに最適な材料になります。

 

そして2層目には、断熱・防音の遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170215135500j:plain

 

独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材を全面施工とします。

 

そして内装側に吸音材も施工します。

 

f:id:soundrising:20170215135604j:plain

 

純正も同等品なので、そのまま流用します。

運転席上など

 

f:id:soundrising:20170215135648j:plain

 

ルーフ全面に施工します。

 

f:id:soundrising:20170215135815j:plain

 

またフレームの隙間にも、なるべく吸音材を施工します。

このパネルを復元して、まずはルーフが完成です。

 

そして今回はフロントフロア・フロア前方を防音デッドニングしました。

 

f:id:soundrising:20170215135805j:plain

 

面積は多くなないですが、予算から計算して施工しました。

主に運転席・助手席の方に効果的な施工箇所となります。

 

まずは制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170215140015j:plain

 

ロシア製の制振材、STPの材料を使用します。

 

そして2層目の材料を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170215140131j:plain

 

独立発泡の単層材を施工します。

また見た目には分かりづらいですが、エアコンのダクトがあってクリアランス・隙間が少なかったので、1mm材料の厚みを変化させながら施工しています。

 

当店では独立発泡材はメーカーさんに特注しているので、1mmごとに4種類の遮音材があります。

 

当店の施工はフロアへの施工は、密着性を重視しているので材料や厚みを細かく管理して、最適な施工になるように工夫しています。

 

そしてハスラーは完成です。

 

今回の施工であれば、車種にもよりますが当店は1日で施工できます。

それでは施工のご依頼、お待ちしております。