読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ボルボV40のロードノイズ低減施工・フロントタイヤハウス

こんにちは。

 

今日は先日作業しました、ボルボV40の紹介です。

 

f:id:soundrising:20170310175407j:plain

 

今回はボルボV40にロードノイズの低減対策で、防音デッドニングを施工しました。

最近、当店ではボルボV40の施工が多くなっておりますので、施工も慣れてきました。

 

そして今回はフロントタイヤハウスへの施工です。

では作業スタート。

 

まずは純正のインナーライナーを外して、ボディ側に施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170311185337j:plain

 

車内側の部分をまずは、制振材を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170311185420j:plain

 

欧州車はインナーライナーが大きい傾向なので、大半はこの部分へ施工が出来ます。

 

そして遮音材も施工します。

 

f:id:soundrising:20170311185509j:plain

 

これでタイヤと車内の境界部分に防音構造を施工しました。

 

さらに上部のフェンダーにも制振材など施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170311185635j:plain

 

まずは制振しまして、この後に吸音処理も施工しました。

 

次はインナーライナーです。

 

f:id:soundrising:20170311185723j:plain

 

ボルボV40はロードノイズに配慮された、繊維系のインナーライナーです。

なので制振材などは施工できないのですが、工夫しまして吸音材は施工します。

 

f:id:soundrising:20170311185841j:plain

 

このインナーライナーに施工しまして、先ほどの室内との境界部分に遮音・吸音構造を構築いたしました。

 

今回はお客様のご要望で、前方からのタイヤ系ロードノイズを重点的にとのオーダーでしたので、リアラゲッジよりも先行してフロントタイヤハウスへ施工をいたしました。

 

今回はこれで完成です。

 

この後にも多くのV40を施工しているので、順次紹介していきます。