読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

フィットのルーフ防音施工

こんにちは。

 

今日は先日作業しました、ホンダ・フィットの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170401185412j:plain

 

今回フィットにはロードノイズや雨音低減をねらった、ルーフ防音・断熱デッドニングを施工しました。

 

それでは作業していきます。

まず内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170401192250j:plain

 

ルーフには制振材は無い状態です。

 

しかし内装側にはシンサレートが大量に仕込んでありました。

 

f:id:soundrising:20170401192756j:plain

 

このシンサレートは吸音材としてこのまま使用します。

 

それではまずは制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170401192850j:plain

 

まずは硬質特性の制振材を施工します。

これでトタンのような、薄い鉄板の雨音など大幅に低減します。

 

そして次は2層目の素材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170401193208j:plain

 

独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材を施工します。

この材料で遮音と遮熱の両方に効果があります。

また室内が保温バックのような構造になり、保温性能が上がるのでエアコンの効率もアップします。

 

そして吸音材を追加施工します。

 

f:id:soundrising:20170401193441j:plain

 

ちょうど運転席の上のあたりに吸音材が無いので追加しておきます。

 

更に細かな箇所も吸音していきます。

 

f:id:soundrising:20170401193541j:plain

 

バイザーを固定する位置のフレーム内に吸音材を仕込みました。

 

これで完成です。

 

この施工でロードノイズ全般の低減はモチロン、雨音のトタン音の低減、エアコンの効率アップなどルーフは複数の効果があって、わたくし個人的には一番おすすめな施工となります。

 

最近は快適装備としてルーフデッドニングが好評です。