読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

CX-5のロードノイズ低減防音施工・フロア~リアタイヤハウス

こんにちは。

 

今日は先日作業しました、マツダCX-5の紹介です。

 

f:id:soundrising:20170409201945j:plain

 

今回CX-5はロードノイズ低減を狙って、防音デッドニングを施工しました。

前回のブログでルーフを施工しましたが、今回はフロアからラゲッジ・リアタイヤハウスまで施工します。

 

では作業スタート。

 

まずは内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170411185301j:plain

 

シートなども全部外して清掃します。

黒く見えるものは純正の制振材です。

 

f:id:soundrising:20170411185800j:plain

 

ラゲッジ部分です。

 

f:id:soundrising:20170411185820j:plain

 

タイヤハウスは室内にあるので、ミニバンやワゴン・SUVなどは特に推奨しています。

 

まずは制振材から施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170411185954j:plain

 

フロアはシートの固定位置などを除いて、全面的に施工していきます。

使用している材料は、ロシア製のSTP制振材です。

 

f:id:soundrising:20170411190109j:plain

 

大きく施工していきます。

マツダ車はスカイアクティブの影響で、軽量化が進んでいて鉄板がフロアの鉄板が薄い傾向にあるので、フロアデッドニングが有効になります。

 

f:id:soundrising:20170411190452j:plain

 

ラゲッジ部分。

 

f:id:soundrising:20170411190524j:plain

 

リアタイヤハウスも施工します。

これで1層目の制振は終わり、2層目の遮音層を施工します。

 

f:id:soundrising:20170411190623j:plain

 

遮音層には単層構造の独立発泡材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170411190706j:plain

 

当店では密着性能を重視して、単層の遮音材を基本としています。

 

f:id:soundrising:20170411190904j:plain

 

この材料は発泡体なので、吸音と遮断性能があります。

 

f:id:soundrising:20170411190947j:plain

 

伸縮性が高いので全面に施工します。

これで標準の2層構造は完成です。

 

そして追加で防音マットも仕込みます。

 

f:id:soundrising:20170411191056j:plain

 

このシートは施工時には、材料代で3層目の素材として仕込みます。

ゴム材と吸音材の構造で、主にゴム材の遮断特性のために施工します。

 

それでフロア~リアまで完成です。

 

更に追加でキックサイドカウルも吸音処理とします。

 

f:id:soundrising:20170411191320j:plain

 

パネルの裏に

 

f:id:soundrising:20170411191341j:plain

 

吸音材を施工します。

 

そして完成です。

そしてCX-5は更にフロントタイヤハウスも施工しましたので、次回に紹介します。