読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

ウィッシュのロードノイズ低減対策・フロア防音施工

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたウィッシュの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170428185600j:plain

 

今回ウィッシュはロードノイズの低減を狙って、フロアを防音デッドニング施工としました。

 

では作業スタート。

 

まずは内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170428185739j:plain

 

ウィッシュはジャンル的にはミニバンになるので大きなフロアです。

今回のように大きな面積を施工できると効果も高くなります。

 

それでは制振材を施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170428185944j:plain

 

まずは1層目にロシア製のSTP制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170428190011j:plain

 

シートのフレームなどは除いて、全面的に施工します。

 

 

f:id:soundrising:20170428190105j:plain

 

今回はフロアへの施工なので、後部座席の位置まで施工しました。

 

そして2層目に遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170428190209j:plain

 

この材料は更に全面施工としていきます。

単独発砲材の遮音材を施工しています。

 

f:id:soundrising:20170428190239j:plain

 

当店ではフロアへの材料は密着性能を重視して、単層構造で伸縮性能が高い材料を使用しています。

 

f:id:soundrising:20170428190607j:plain

 

これで当店標準の2層構造が完成です。

 

シンプルですが、厚さも6mmほどに抑えているので、ほとんどのお車に施工可能です。

 

当店では施工の優先順位は、まずフロアとルーフをおすすめしています。

 

フロアを施工するとタイヤ系ロードノイズの減少や、水たまりを通過した時のしぶき音の軽減など、防音の基礎的なノイズが低減できます。

 

本来はこの後にルーフをオススメしています。

 

気になる方は、ぜひご相談ください。