読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アテンザのルーフ防音・断熱デッドニング施工

こんにちは。

今日は先日ロードノイズおよび、静粛性向上のデッドニング施工をいたしましたアテンザのつづきです。

s-IMG_7297.jpg

前回はフロアでしたが、今回はつづきのルーフです。

当店ではルーフは基礎的な遮音施工として、フロアと同等程度に重要視しております。

フロアやルーフなど基礎的かつ乗っている方が騒音を多く感じる箇所を施工せず、他の細かな内容の施工をしても効果を感じにくいと今までの実績から考えています。

したがいましてルーフは基本遮音がベースではありますが、走行中は中~高速走行時の風切り音、そして雨音対策、さらに当店では断熱仕様の材料なのでエアコンの性能向上効果があります。

基本的な遮音特性に追加して複合的な効果があるので、おすすめとなります。

では作業スタート。

まずは内装を外していきます。

s-IMG_7283.jpg

純正ではシンサレート系の吸音材が多く施工されていますが、鉄板が薄いのでココの内容がウィークポイントです。

まずはロシア製STPの高比重ブチル系制震材を施工します。

そして2層目の素材。

s-IMG_7284.jpg

独立発泡シートに断熱アルミガラスクロスを加工した、遮音・斜熱シートを全面施工します。

この材料で防音と断熱の両方を処理できます。

本来はここから吸音処理なのですが、純正のシンサレートがたっぷりあるので、今回は必要ありません。

ルーフはこれで完成。

最近の低燃費なお車、ルーフの鉄板が薄いので雨が降ると、トタンを叩いたような音がしますが、これで切ない雨音から開放されます。

そしてアテンザは更に防音施工を進めていきます。

まだまだつづく。