読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

メガーヌ・エステートのロードノイズ防音対策デッドニング・フロア

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたメガーヌ・エステートの紹介です。

 

f:id:soundrising:20161216185255j:plain

 

今回メガーヌはロードノイズ対策とオーディオのデッドニングを施工しました。

 

オーディオは純正BOSSで、交換が難しいのでデッドニングにて性能アップを狙います。

 

まずはロードノイズの低減施工からスタート。

 

まずはフロアを全面防音デッドニングいたします。

 

f:id:soundrising:20161216185442j:plain

 

純正の内装やシートを全て外していきます。

 

f:id:soundrising:20161216185513j:plain

 

フロア全面施工はセダンやワゴンはリアシートの下まで施工します。

 

まずは1層目の制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161216185702j:plain

 

大きく施工していきます。

 

シート用のフレームやフロアパネル上部に設置してあるフレームは除いて全面施工とします。

 

材料はロシア製のSTP制振材です。

 

f:id:soundrising:20161216185848j:plain

 

リアシートの下まで施行します。

 

そして2層目の素材も施工します。

 

2層目は独立発泡構造の遮音材です。

 

f:id:soundrising:20161216190053j:plain

 

全面に施工していきます。

 

当店では2層目の材料は、対象への追従性能を重視しています。

しっかり密着することで効果も上がりますし、今回のような内装が複雑な構造な車の復元性能も考慮して、密着することが重要と考えています。

 

なので伸縮性があり、性能も高い国産の材料を使用しています。

 

f:id:soundrising:20161216190401j:plain

 

メガーヌはフロント足元に小物入れがある、複雑なフロアなのでミリ単位で厚みを変えながら張り上げています。

 

f:id:soundrising:20161216190522j:plain

 

これでフロアは完成になります。

 

そして次はメガーヌエステートのロードノイズ的なデメリットのラゲッジへの施工になります。

 

また次回に。