読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

スプラッシュをロードノイズ防音対策・ルーフなど

こんにちは。

今日は先日作業しました、スズキ・スプラッシュの紹介です。

s-IMG_8155.jpg

今回スプラッシュには全体的なロードノイズ防音対策とスピーカーの交換をいたします。

まずはロードノイズ対策から施工していきます。

まずはルーフから施工します。

s-IMG_8034.jpg

今回は車内全体を防音施工するので、内装はほとんど外していきます。

そしてルーフの内装を外して、状態をチェックします。

ボディ側のパネルには制震材などは一切無く、吸音材もありません。

これだけ純正の状態が貧弱であれば、当店の施工効果もバッチリわかります。

まずは1層目の制震材を施工します。

s-IMG_8038.jpg

ルーフには硬質のブチル系制震材を施工します。

この材料は軽量なタイプで硬く仕上がる材料です。

ルーフの制震・防音施工の次は2層目を施工します。

s-IMG_8044.jpg

2層目は単独発泡シートに断熱アルミガラスクロスを複合した、遮音・斜熱材を施工します。

当店ではルーフは防音と断熱の2つの効果をもつ材料を施工しております。

さらに今回は純正の吸音材が無かったので、シンサレートを追加しました。

s-IMG_8047.jpg

この材料は軽量な材料でありながら、吸音性能に優れています。

最近では布団やダウンジャケットに使用されいて、羽毛の代わりになるほどの軽量かつ保温性のある材料だそうです。

これで制震・防音・吸音の3層構造の完成です。

走行中の風切り音などの騒音もモチロン、雨音・トタン音の軽減やエアコンの保温性能も向上します。

そして次は同時進行のボンネットへの防音施工です。

エンジン音の低減に効果があり、施工金額もお手ごろなのでオススメです。

s-IMG_8037.jpg

まずは制震材を施工します。

s-IMG_8041.jpg

今回のお車は全体の施工があるので、重量を控えめに施工しました。

そして2層目に遮音材に独立発泡シートを施工します。

s-IMG_8042.jpg

純正のインシュレーターを戻して完成。

s-IMG_8036.jpg

純正の補強的な役割でエンジン音を遮音とします。

さらに今回もお客様に効果的な追加があれば少々の金額であれば追加OKと言われていましたので、このお車であればという追加を施工しました。

s-IMG_8043.jpg

エンジン後方に吸音用にエプトシーラーを施工しました。

スプラッシュはエンジンの排気は前方にある構造で、熱の問題がないことを確認して施工しました。

今回のようにエンジン付近への施工は効果的ですが、熱の問題で材料が脱落する恐れがあるので細心の注意が必要です。

今回スプラッシュは他にも室内を中心に全体的に施工しましたので次回に紹介します。