読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

デリカD5のロードノイズ対策・ルーフ

こんにちは。

今日は先日防音デッドニング施工しましたデリカD5の紹介です。

s-IMG_8518.jpg

今回デリカD5は、ロードノイズやお車の快適性アップでの施工になります。

ミニバンは室内空間が、ほかの車種より大きいので全てを施工すると効果が一番現れる車種ですが、金額も多くなってしまいます。

なので今回はお客様のご要望を最適化しましてルーフとフロント付近への施工とします。

今回まずはルーフへの施工を紹介いたします。

s-IMG_8533.jpg

まず内装を外します。ルーフの鉄板は制震してありませんが、吸音材は純正で化学繊維シートがあります。

s-IMG_8530.jpg

まずは貧弱な薄い鉄板を補強・制震します。

当店ではルーフには硬質特性のブチル制震シートを施工します。

この材料は国内サプライヤーに製造していただいております。

基礎的な制震、そしてシート自体で遮音とします。

s-IMG_8537.jpg

そして2層目の素材。

s-IMG_8542.jpg

単独発泡シートとアルミガラスクロスの複合材を施工します。

このシートは重量も少ないので、全面施工とします。

フレームは内装を固定するために今回は貼れません。

このシートでやや吸音して、主に遮音特性に優れております。

そしてアルミガラスクロスもあるので、室内側が保温バックのなかになるイメージです。

最近ではエコグッツで、じゅうたんの下に敷く保温シートも販売されていますね。

原理は一緒です。

そしてルーフのスペースを確認しながら、吸音材を追加施工しておきます。

s-IMG_8547.jpg

スペースがあったので純正とは違う材料を使用して、色々な周波数を吸収するように仕掛けます。

更にお客様より、効果的な部分には追加は構わないとのご依頼で、ピラーに追加吸音処理としました。

s-IMG_8553.jpg

まずは純正。もちろんメーカーさんもドコに追加吸音すると効果があるかは一番よく知っております。

ただメーカーさんは、コストや重量の制限があるので当店のようには自由に施工できません。

なのでピラーは重要なので追加施工です。

s-IMG_8554.jpg

あまったスペースを吸音します。

細かな部分ではありますが、細かな施工の積み重ねが車を静かにしていきます。

当店ではミニバンのルーフへの施工を特にオススメしております。

理由はまず、広い面積を施工できるので全席に対して効果があります。

そしてその効果は防音性能はもちろん、雨音の減少や、エアコンの効率アップと多岐にわたり効果がでるので、一番複数の効果があるルーフは特にオススメとなります。

次回はフロントフロアになります。