読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

N-BOXのロードノイズ防音対策・ルーフ

こんにちは。

今日は先日作業しましたN-BOXの紹介です。

s-IMG_9565.jpg

今回N-BOXはロードノイズ対策で入庫いたしました。

フロア・ルーフ・リアタイヤハウスなど施工しましたので紹介していきます。

まず今回はルーフの紹介です。

まずは内装を外していきながらルーフに施工します。

s-IMG_9515.jpg

N-BOXは内装を外すと薄いルーフのパネルに内装があるだけです。

s-IMG_9514.jpg

内装側には吸音材もありません。

この内容は車格が軽自動車なので、他の軽自動車も大体同じ構造です。

まずは貧弱なルーフから施工します。

s-IMG_9519.jpg

まずは天井用の硬質特性の制震材を施工します。

N-BOXは運転席の頭の上に位置が、フレームなども無く貧弱で大きなパネルがあるので、雨音など特にうるさいでしょう。

そして当店では標準で2層目に断熱・遮音材を施工します。

s-IMG_9523.jpg

独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材を施工します。

これで遮音はもちろんですが、ルーフへの断熱効果があってエアコンの冷房の効率アップになります。

簡単な説明だと、保冷バックの中のような構造になります。

もともと軽自動車は真夏の高温時にエアコンの効きが良くない方なので、お客様にはとても喜ばれます。

この内容は車体の色の濃い車ほど効果があります。

そして純正で吸音材もなかったので追加します。

s-IMG_9526.jpg

全体に追加します。

これで走行中のロードノイズや風切り音、また雨音の減少などルーフへの施工は一番複数の効果があるので個人的には一番オススメな施工箇所になります。

また細かな部分も吸音しました。

s-IMG_9527.jpg

ロードノイズに関しましては、騒音がゼロになることはなく、あくまで低減していくことが目標になります。

なのでお客様に分かりやすく実感いただくために、このような細かな部分も施工しています。

少しでも騒音を減らして、施工して良かったと感じていただくために手が抜けません。

これでルーフは完成となります。

そして次はフロアですね。

つづく。