読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

スバルWRXのロードノイズ低減防音デッドニング・ルーフ

こんにちは。

 

今日は先日作業しました、スバルWRXの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170325183915j:plain

 

今回WRXはロードノイズ低減対策にご来店いただきました。

 

スポーツ性能が高い車ですが、もう少し静かにならないか?とのご依頼です。

そこで今回はルーフとフロアの防音デッドニングを施工していきます。

 

ではスタート。

 

まずは内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170325185123j:plain

 

ルーフには制振材などはありませんが、他社よりはフレームが多い気もします。

この辺りはスバルらしさを感じますね。

 

そしてまずは制振材から施工します。

 

f:id:soundrising:20170325185246j:plain

 

全体的に施工します。

当店ではルーフへの制振材は、硬質特性のアルミ・ブチル制振材を使用しています。

通常の制振材よりも、同量で固く仕上がります。

 

次は2層目の遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170325185729j:plain

 

独立発泡材っと断熱アルミガラスクロスの遮音材を施工します。

この材料を施工すると遮音と遮熱効果があるので、エアコンの効率もアップします。

 

そして内装のクリアランスを確認しながら、吸音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170325185913j:plain

 

ルーフには吸音材も何も無いので、しっかり入れておきます。

 

これでルーフは完成なのですが、今回はルーフとフロア付近で追加できる場所は施工するオーダーなので、まずはAピラーに吸音施工とします。

 

f:id:soundrising:20170325190128j:plain

 

純正のシンサレートも少々、ありましたが全面に吸音発泡材を施工しました。

 

さらにBピラーにも

 

f:id:soundrising:20170325190216j:plain

 

シートベルト裏のスペースに

 

f:id:soundrising:20170325190237j:plain

 

吸音施工など上部にはシンサレートを仕込みました。

 

更にルーフのついでに、セダンなのでリアトレイ付近にも施工しました。

 

f:id:soundrising:20170325190349j:plain

 

純正は何もありませんので、まずは制振から

 

f:id:soundrising:20170325190419j:plain

 

ここは外界とは接していないので、少々の共振低減に施工しましてから。

 

f:id:soundrising:20170325190512j:plain

 

全面遮音材施工です。

 

f:id:soundrising:20170325190535j:plain

 

レクサスなどの高級セダンは、この位置の防音もしっかり対策してあります。

しかし今回のWRXはスポーツからくる軽量な構造なので、吸音材などが極端に少なく感じますね。

 

そんなスポーツなお車でも、静かさが欲しい方も多いので、しっかり防音施工していきます。

 

そして次はフロアへの施工です。