読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

30系アルファードHVのロードノイズ防音施工・フロントタイヤハウス

アルファード ロードノイズ対策 防音デッドニング 静音・防振 30系

こんにちは。

 

今日は先日作業しました、アルファードの紹介です。

 

f:id:soundrising:20161125185747j:plain

 

アルファードHVは、前回までのブログで室内を全体的に防音デッドニングしました。

 

そして今回の紹介が最後になります。

 

最後はフロントタイヤハウスとボンネットです。

では作業スタート。

 

まずはタイヤを外して、インナーライナーを外します。

 

f:id:soundrising:20161130184712j:plain

 

純正ではシンサレートが仕込んでありました。

このコトからもロードノイズ対策における、タイヤハウスへの効果があるコトを証明しています。

 

そして今回は純正よりも更に性能アップが目的なので、シンサレートは外して(再利用しました)更にグレードアップです。

 

まずは制振材を少々施工します。

 

f:id:soundrising:20161130185721j:plain

 

インナーはクリップ固定で、あまり重くしたくないので適度に施工します。

 

そして独立発砲材を全面に施工します。

 

f:id:soundrising:20161130185902j:plain

 

裏側も施工します。

 

f:id:soundrising:20161130185921j:plain

 

まずはインナーはこれで完成です。

 

そしてフェンダー付近など、外した部分から更に遮音材など施工していきます。

 

f:id:soundrising:20161130190045j:plain

 

まずは制振材を施工します。

 

そして遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161130190112j:plain

 

スペース内にできる限り施工していきます。

 

また写真にはうまく映らなかったですが、フェンダーパネルにも制振・遮音・吸音と施工しました。

 

そして面積は少ないですが、ボンネットも施工しました。

 

f:id:soundrising:20161130190319j:plain

 

まずは制振材を施工します。

 

そして遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20161130190349j:plain

 

更に純正のインシュレーターとの、クリアランスを見ながら吸音材も施工します。

 

f:id:soundrising:20161130190436j:plain

 

これではボンネットは完成です。

 

さらに仕上はイロイロなスペースに吸音材を仕込みました。

 

f:id:soundrising:20161130190614j:plain

 

ダッシュボード裏に大量の吸音材を仕込みました。

 

これでアルファードHVは完成です。

作業は全体で5日間ほど掛かりました。

 

そして作業完成後に、お客様から電話がありまして、

「もともと静かだったけど、更に静かになって良かった」との感想でした。

 

良いお車に乗られる方ほど感想がアッサリ・スッキリしていますが、わざわざ電話をいただきましたので、しっかり効果があったそうです。

 

今回の作業は車体の値段も高価で、更に重くて高価なリアシートがあって特に緊張した仕事でしたが、車体全体を施工したことでアルファードの状態も観察できて、貴重な経験でした。

 

見た目は変わりませんが、静かな空間・静かな走行をご検討ください。