読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

RCオデッセイHVのロードノイズ低減対策・ルーフ

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたオデッセイHVの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170222164142j:plain

 

今回オデッセイは車体全体のロードノイズ低減を目的とした、防音デッドニングを施工しました。

 

前回までのブログで、フロアやリアタイヤハウス・ラゲッジなど紹介しましたが、今回はルーフ・天井の紹介となります。

 

まずは内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170302201852j:plain

 

ルーフには制振材はありませんが、吸音材として薄いシンサレートはあります。

最近の車で遮音性能を向上した!と宣伝されている正体は、ほとんどコレです。

効果は写真から受ける内容で大体合っていると思われます。

 

当店ではもっと根本的にルーフの状態を改善していきます。

まずは制振材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170302202145j:plain

 

大きく制振材を施工していきます。

当店ではルーフは平面専用に硬質特性の制振材を注文生産してもらっています。

 

これで鉄板の薄い構造からくる、トタンを叩く様な雨音などを大幅に軽減できます。

 

そして2層目の遮音材になります。

 

f:id:soundrising:20170302202449j:plain

 

独立発泡材と断熱アルミガラスクロスの複合材を施工します。

これで遮音と遮熱の両方に効果があります。

 

そして純正のシンサレートはそのまま復元して使用しますが、隙間を見つけて吸音材を追加していきます。

 

f:id:soundrising:20170302202636j:plain

 

さらに追加施工で、Aピラーにも吸音施工としました。

 

f:id:soundrising:20170302202713j:plain

 

純正もシンサレートが付いていましたが、ただ少ないですね。

この位置に効果があることは明白ですが、当店ではもっと効果を重視した内容に変更しました。

 

f:id:soundrising:20170302202823j:plain

 

純正の材料は外して、他で再利用しまして発泡材を施工しました。

Aピラーは前方からの風切り音などを軽減する貴重なスペースなので、できれば全面的に施工しています。

 

ルーフと施工が同時であれば、この内容ペアで¥4000税別ほどです。

 

そしてオデッセイはさらに全体を防音していきます。

 

つづく。