読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドライジング BLOG

神奈川のカープロショップ「サウンドライジング」の日記です。 普段の作業風景など写真と一緒にUPしていきます。

アクセラのロードノイズ防音デッドニング・ルーフ

こんにちは。

 

今日は先日作業しましたアクセラの紹介です。

 

f:id:soundrising:20170517200624j:plain

 

今回はアクセラのロードノイズ低減の防音デッドニングを施工しました。

まずはルーフの施工から紹介します。

 

ではスタート。

 

まず内装を外していきます。

 

f:id:soundrising:20170517201526j:plain

 

今回はサンルーフ付きの車両でした。

施工面積こそ少ないですが、全体の仕上がりを考えれば重要な施工箇所と言えます。

 

f:id:soundrising:20170517201741j:plain

 

サンルーフ後方のパネルは何もないので、この位置に施工していきます。

 

f:id:soundrising:20170517201843j:plain

 

まずは制振材を施工していきます。

当店ではルーフに温度への変化が少ない、硬質特性制振材を施工します。

 

そして2層目に断熱アルミガラスクロスの遮音材を施工します。

 

f:id:soundrising:20170517202059j:plain

 

サンルーフとの機器のクリアランスを見ながら施工していきます。

 

 

f:id:soundrising:20170517202159j:plain

 

サンルーフ前方位置も少ない面積も制振・遮音・吸音を施工します。

 

f:id:soundrising:20170517202305j:plain

 

そしてサンルーフがある前方位置には吸音材が無いので追加します。

 

f:id:soundrising:20170517202346j:plain

 

フエルトや発泡材シートを張ったりと、材料を張り分けていきます。

 

f:id:soundrising:20170517202435j:plain

 

後方は純正のシンサレートがあるのですが吸音材を追加します。

 

さらにルーフへの施工時には、Aピラーへの吸音を低価格で追加しています。

 

f:id:soundrising:20170517202605j:plain

 

純正は少しシンサレートがありますが、

 

f:id:soundrising:20170517202634j:plain

 

追加吸音とします。

まずはルーフの完成です。

 

次はリアラゲッジ・タイヤハウスへの施工になります。